施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~外壁板を長持ちさせる-「ウッドロングエコ」-~

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは。

 

山梨営業所の中森です。

 

昨日は春分の日。

いよいよ春にむかっていく、そんな時期です。

 

そして、山梨営業所のある韮崎もぽかぽかと良い陽気ですね。

今日は、東京での桜開花宣言もされたとのこと。

少し花粉にやられている私ですが、やっぱり春が来た!と

思うと、わくわくしてくるもんです。

 

 

さてさて、先日の事(といってももう2週間前のこと・・・)、

勝沼で建築中のI様が、外壁板にウッドロングエコを塗る、と

聞いて、お手伝いに行ってきました~

 

 

 

DSC_0010

 

 

 

そもそもウッドロングエコとは何者?という話になりますね。

 

ウッドロングエコとは、屋外に使用する木材を安全に長持ちさせる木材防護

保持剤です。

ハーブ、樹皮、鉱物が原料の粉末を、水に溶かして使用します。

 

特徴はというと、

・安全であること(原料が天然成分のみ)

・施工後の再塗装が不要であること

・簡単に塗れること

・塗布後の木材が長持ちすること

などです。

 

天然素材だけでつくっているので、直接肌に触れても無害ですし、

土壌・水質汚染もないのです。

 

【※詳細はこちらのHPへ → ウッドロングエコ

 

 

 

デフの家の外壁は、主には、板張りか、そとん壁です。

板張りにする場合、もちろん無垢の板をそのまま貼ることも多々

ありますが、長持ちさせる対策として、このウッドロングエコを

塗るという方法があります。

 

 

粉を水に溶かして、刷毛やスポンジなどで塗るだけなので、

お施主さんだけでも取り組めるのが魅力ですね。

 

 

ちなみにこの日は、施主のIさんの元後輩の方が、お手伝いに

来てらっしゃいました。

東京から日帰りで手伝いに来てくれるとは、なんて素晴らしい

先輩後輩関係なんでしょう◎

 

 

 

DSC_0020

 

 

 

 

2日間かけてウッドロングエコが塗られた外壁板たち。

実際に張り付けられた様子は、また今度ご紹介したいと思いまーす。

 

 

DSC_0001

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村