施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~長く楽しむ工夫。

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんばんワン!!

 

写真 3

 

先日、はるばる東京から、八ヶ岳営業所・循環の家に、

番犬に来てくれた、玄米くんです。

 

八ケ岳の森とわんこはよく似合います。広い庭には、やっぱりわんこです。

東京に住んでいた頃は忘れていたけど、原村に住むって決めた今、

小さい頃からの「わんこを外で飼う」という夢を果たしたい。

 

 

さて、最近は、保存食づくりが楽しいです。

 

◎栗の渋皮煮。

韮崎のオーナーさんに、たくさん栗を頂いたので、渋皮煮に。

重層を入れて3回煮る。ワイン色の煮汁がきれい。

写真 1

 

写真 2

 

キッチンの前をうろちょろしながら、火を付けたり消したり、

なんだかんだで4時間くらい。

ちょっと煮込みすぎて、渋皮が崩れてしまった・・・

 

こうすると、冬の間もずっと食べられるんだって。

すごくシンプルな料理なんだけど、栗への強い愛情が必要。

 

 

◎赤シソの塩漬け・お醤油漬け。

畑に自然と生えてきた、赤シソの穂シソ(シソの実)をたくさん収穫。

ウッドデッキで、プチプチと、茎から実を落とします。

こういうとき、ウッドデッキ便利◎

写真 5

 

シソの葉っぱの時期を過ぎると、どの株も世代交代。子孫繁栄のために

たくさんの実をつけてくれます。これを天ぷらにして食べるのも美味しい

んだけど、実を塩や醤油でつけておくと、ごはんのお供に。

 

大地が凍り付く冬が刻一刻と近づく原村・・・

一年の約半分を占める冬を生き抜くためにも、こうやって保存食づくりが

大切なんだなぁ。

 

一年中、スーパーに同じ野菜が出ていることに慣れてしまうと、

こういうことって忘れてしまうけど、すみずみまで、無駄なく、

長く食べていく工夫って、すごく大切なことだと思います。

 

原村に引っ越してきて、そういうことに気が付けたことが、すごくうれしいです。

 

yosssy

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村