施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜土と戯れる。

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんにちは。

今日の群馬は暑かったですねー!!

夏って感じで嫌いじゃないんですが、外作業には

少々ハードな一日でした(;´Д`

 

さてさて、今日は、唯一となってしまった

昔ながらの藤岡瓦を達磨窯で焼いている、DEFの家では

割とおなじみの共和建材の五十嵐さんを訪ねてきました(^0^)

 

 

IMG_9282

これこれ!

このえも言われぬ美しい色合い。

そして一様ではない焼き上がり。

これこそが藤岡瓦の特徴です(^_^)

 

 

IMG_9281

 

IMG_9283

忙しいよ〜

今は暑いよ〜倒れるかもな!!

なんておっしゃいながら仕事に精を出す五十嵐さん。

お一人で作業されているので、竃に火を入れると

徹夜でつきっきり(;゚Д゚)

朝訪ねたんですが、明日の昼までは見ないとな〜と

おっしゃっていました。

 

 

IMG_9285

 

IMG_9284

こちら、焼く前の状態。

天日干しをされるんですが、雨に当てる訳には

いかないので天気とにらめっこ!!

どの工程も大変な作業です。

 

 

IMG_9286

お話ししながら、あ、これはダメだ!

とぽいっ!!

ああ〜もったいない(;´Д`

 

 

つくった内の5パーセントくらいはダメになるそうです。

5パーセントっていっても家一軒で2000枚以上は使うとのことなので、

かなりの量です。

うーん、すごいです。

 

実は、今日はこれが目当てで来ました(^_^)

 

 

IMG_9277

現代版土壁の家を共同研究している、前橋工科大学の

石川先生が、一般参加のお子さんを中心に土と触れる

ワークショップを大学で行うのですが、

泥団子をいろんな土でつくりたい、ということで、

DEFでも土壁に使っている土などを提供したのですが、

せっかくならと五十嵐さんにお願いしたら!!

 

 

IMG_9276

実際に瓦に使った土を特別に持って行っていいよ〜

ということで頂いちゃいました (^▽^)/

それもこの砕いたものをそのまま頂きました!

 

 

土はそれこそ身近にどこにでもあるもの。

自然なもの。

そういうもので家の壁や瓦や食器や・・・私たちの暮らしを

支えてくれる物をつくる、すごく素敵なことですよね。

 

 

IMG_9280

でも、ただあるものを簡単に使う、という訳ではなく、

人の手をかけて、汗を流して、素材には無理をさせずに

人が頑張って、結果、気持ちのいいものだったり

水に強い物だったり、豊かな物がつくられて行く・・・・

 

 

いろんな状態、種類の土と触れ合うことで、

そんなことを自然に感じることができるんじゃないかな、と思います。

 
子供たちがワイワイと土の違いを楽しんでくれたり!

瓦の原型を見てそのきめ細かさと滑らかさに驚いてくれたり!

そんな想像をして楽しんでいるハヤシでした(・∀・)

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市