施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

材木センターに行きました。

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

今日は、長野県の森林・林業セミナーに参加し、中信木材センターを見学させていただきました!
長野県の森林組合連合会が統括する中信木材センターでは、長野県の中信地域を始め、県内外から様々な木材が集まり、
市場を通して取引されているそうです◎
施設を訪れた今日も、次の市場開催日を控えて、様々な木材が集まっていました(^^)
写真 (1).JPG
自分たちがよく見る建築材に加工される前の状態の丸太です。
様々な樹種、様々な大きさの材木の素材が並んでいました。
ここに並んでいるのはまさに、日本の(特に信州の)森から生産された国産の素材なんだと思うとすごくワクワクしました(^^)
ここから、製材所やパルプ工場や合板工場などの施設に運ばれて、それぞれの用途に使われていくそうです。
今日はそんな会場で模擬入札を体験させていただきました!
写真.JPG
ずらーっと並んだ材木の山をみて、
写真 (3).JPG
写真 (2).JPG
それぞれに金額を入れて入札をしていきます。
素材市場の相場を全く知らなかった自分にはその金額は驚くことばかりでした。
樹種やその大きさによって相場価格は様々。
普段、建築の現場で触れている木材がおおよそこの金額で取引されているのかと本当に勉強になる一日でした。
その金額の上に、日本の森を守る現場の方がいると思うと本当に自然素材の無垢の木をこんなにふんだんに使える私たちの家作りは、
本当に幸せであって、この家作りがまた昔のように普遍的に広まることでまた山や林業を営む方に豊かさを還元していけたらと思いました。
市場の話とは関係なくなりますが、
このセミナーに参加されている方は本当に様々です。
長野県全域から集まって、林業の現場で働いているかた、造園をされているかた、
NPOで森林整備をされているかた、趣味で山仕事をされているかた。
皆さんが山に入る理由も様々で、木を伐ってお金にする、薪を調達する、生物多様性を守る、キノコをとるなどなど。
様々な理由の中に共通して、いい森林を残していきたいということがあるのだなと感じています。
セミナーがある日にみんなで集まると、こんな木が欲しい!だとか、うちの山にはこんなものがある!だとか、
うちの山はこんなことで困るだとか、こんな風にするといいよ!だとか。
セミナーに参加している方の林業経験は様々だけど、それぞれみんなが山の経験や知恵や需要や供給したいことがあって面白いです(^^)
多分、昔はこういうおじさんたちがいる地域のコミュニティで日本の里山は続いてきたんだろうなあ。
今回、開催されているセミナーには若者の受講者も多いです。
いつか日本の森が、里が、社会の暮らしがこういうコミュニティの中で豊かになるといいな!
Kyouhei

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村