施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

ワールドカップ効果?

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

サッカー・ワールドカップではまさかの勝利で盛り上がっっているジャパンですが、おもしろい記事を見つけてしまいました。
読売新聞によると、先日のカメルーン戦の時の大阪の水道使用が、試合に連動して大きく増減したことを伝えていた。ハーフタイムがトイレタイムというわけだ。テレビ観戦していた人たちが、ハーフタイムまでトイレを我慢し、ハーフタイムとともに一斉にトイレに立ったので水の使用量が大きくふえたらしい。試合終了後は入浴により再び使用量が増えたらしい。
オランダ戦に向け水道使用量は更に乱高下すると予測し、水圧調整して備えるらしい。ワールドカップ恐るべし!
水は貴重な資源なので、オランダ戦では「出す方」も調整が必要ですね。
昔はうん○は流すもので無かったはずですが、今は水で流すものになってしまいました。しかも飲める水で。当たり前になってしまって気に止めないそういうことも少し考えないといけませんですね!
kojima

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村