施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

森と木の家をつなぐ見学会

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

長野県上小地方事務所・上小林業振興会・千曲川上流流域林業活性化センターの主催による見学会に参加してきました!参加者は上田市近郊にお住まいで、森林を守る活動をされているお仲間や伐採の現場を見てみたいと思われた方など様々で25名+職員の方。
1台のバスでツアーのように見て回ります!
最初の見学場所は、長和町の大門財産区カラマツ間伐作業地です。
7.jpg
8.jpg
信州上小森林組合の方々が実際に伐採するところから玉切りまでを見せてくれました。ただ玉切りすればよいのではなく、売り先を見据えて、なるべく無駄がでないように考えながらの作業です。
これらは住宅用・チップ・紙の材料になります。
次の見学場所は・・・
DEFでもお世話になっています!長和町の小林木材さんです。
9.jpg
10.jpg
山から運んできた木を皮剥きし決められた寸法に加工後、乾燥させる一連の流れを見せていただきました。丸太がきれいに製材されていく姿に皆さん感動していました!
お昼をはさんで次の見学場所は・・・国産材で建てた家を見よう。ということでDEFで造らせていただいた上田市「丸子の家」です!お引渡しから約7ヶ月経ったお住まいです。オーナーのY様が家について説明してくださったのですが、DEFスタッフの出番が無いくらい素晴らしい案内をしてくれました!
次は、森林税で整備された森。上田市塩田の山田モデル団地です。
団地といっても建物でなくて森です。この森で子供達が遊び・学ぶ「夢の森」の活動をお聞きしました。塩田西小学校では、この森で森林環境教育に取り組まれているそうです。
11.jpg
最後にDEFのモデルハウス「木もれびの家」で今日一日を振返る会がありました。
12.jpg
史上最高に沢山の人。年齢層も今までにない雰囲気です(^^♪
これから家を建てるであろう若い人たちに、山のことや国産材で造る家のことを伝えて、広げていかないといけない。子供の頃から山に親しみ、木とふれあい、自然がいかに大切かを教えていかないといけないですね。という感想がありました。行政と地域の皆さんと地域の工務店が一緒になって日本の山を守っていくことを約束しました。
伐採→製材工場→木の家という一連の流れを見るバスツアー。実際に山に出かけて見て触れていろんな人の話しを聞いて勉強になったし、楽しかったし、DEFでもバスツアー企画しようかなぁ~☆
mi

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市