施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

床の構造のお話

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

今日は見本とともに床暖房のお話です今日は一日事務所でした。
幼稚園以外制服が無かったので作業着は結構好きですが、今日は私服でした。私服が良い物がないので悩んでます。

さて、あれほどひっぱった床暖房ですが、前々回の写真で床暖房に何が使われているかわかりましたか??
実は今回炭化させた籾殻がつかわれているのです!
床暖房の見本を作るときに、籾殻をどうするか一番悩みました。
銅管を通して、もみがらで埋めます。銅管にお湯が通ることで熱が伝わり、ゆっくりとあたたかくなるそうな・・・。
炭もみがらの遠赤外線で、自然と暖かい家になっていくのかなあと想像すると楽しいです。炭だから脱臭効果とか吸湿効果も期待できそう・・・。もみがらじゃだめですかね?
モデルハウスが完成したら、床暖房をためしつつなんらかのイベントをやろうと思っています。アイディアありましたら出してくださいね~。

その床暖房の見本を見てください!
壁の見本は建築部の皆さんがちゃちゃっとつくってました。
道具と経験と技術があるってすばらしいですね・・・(ゆ)

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村