施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

薪を積む。

Series

どうもこんにちは。
気が付けばカラマツや周りの木々が緑色に生い茂ってきました。春ですね~

先日、営業所の薪割りをしました。八ヶ岳営業所の薪はエコラの森の間伐作業で切ったカラマツやアカマツを使っています。

薪を使わない方にとっては、もう春でストーブも使わないのにこの時期に薪割り?と思う方もいるかもしれませんね…。

そうなんです。薪にするには、割ってから最低半年くらいは乾かしてからでないと使えないのです、、
乾いていないまま使うと、よく燃えなかったり、煙が大量に出たりしますよ~。

八ヶ岳営業所には薪ストーブは7台あります。過酷な冬に備え、今の時期から来年の冬支度をせねばなりません。

とはいっても電動の薪割機の機械があるので、力が無くても割れます!ただし1年分の薪を支度するとなると量が多いので時間はそれなりにかかります。。

私はちまちま薪棚に薪を積む係になり、綺麗に積もうと時を忘れてひたすら半日積んでいました。
やっているとパズルゲームみたいで楽しかったです。

新しい薪はまっしろで見た目もきれいですね~

この間のエコラの森の整備~薪割りするところまで一貫してやってみると
自分たちで整備した森の木が薪になって、それがストーブとして暖をとったり、お湯として使ったり、エネルギーになっているのだなぁということを改めて再認識しました。ありがたや、ありがたや。

次の冬に向けてもよろしくお願いします、薪さん!

からさわ

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村