施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

信州だより~大町・白馬の銀世界を訪ねて~

Series

こんばんは。

上田本社の中森です。
八ヶ岳周辺は、昨日からの雪でしっかりとして銀世界に。
峠のてっぺんは、それはそれは美しい風景が広がっていました。

さてさて、今年はしっかりと雪が降る冬の長野ですが、飯山・白馬・大町と、雪とともに建築を進めています。
そんな現場に、2駆のプリウスαで、おそるおそる行ってきましたよ◎

これでも随分雪が減ったという、白馬村のA様邸。
片流れの大屋根(ガレージ付き)に全面板張りの壁、残念ながら少し雲がかかっていますが、奥には、八方尾根はじめ白馬の山々が一望できます。

竣工お引渡しまでは、あと1か月ほど。大工仕事も間もなく完了し、住まいの全貌が徐々に見えてきました。お打合せを重ねてきて、家の中の建具や照明もこだわりの逸品が入り、素敵なお家になること間違いなし!完成が楽しみですね。

 

続きましては、大町市のK様邸へ。大町市の中でも白馬よりの場所なので、積雪もしっかりあります。大町市は、安曇野に近いエリアと、白馬に近いエリアでは雪の降り方が全く違いますので、土地探しをする際は見極めが必要ですよ。

棟上げを終えて数日、できたて(?)ほやほや(?)です。

ちょっと遠めから木の間から覗いてみました。山を背負い、南側は田んぼと遠くに山を眺め、こちらも、↑の白馬に負けず劣らず素敵な立地なのです。

足場を登って、屋根の高さから写真を撮ってみました。滑りそうで怖い・・・

木組みがすべてあらわになっている、このタイミングで見る家は、毎回「きれいだなー」と見とれてしまいます。
そして、梁と梁を繋ぐ、継ぎ手を見ては、大工さんって「すごい!」と感心するのです。

雪や寒さの中になりますが、現場で家づくりを担っていただく職人さんには、とにかく安全に気を付けていただきたいと思います。

 

こんな景色が家の目の前に広がってるって最高じゃないですか?

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House