施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~いつものDEFのおひるごはん

Series

原村  八ヶ岳営業所の周りの森では、最近カッコーが元気よく鳴いています。
カッコウ!カッコウ!これでひとまず安心。畑に作物を植えて良い合図!
先日は、営業所で1日陰干ししたじゃがいもを、駐車場横の畑に植えました。
ざっと60個の種イモが何個になるか、楽しみだな~♪


大きさの大小ありますが、スタッフ皆に畑があることがDEFのちょっと変わった?特徴。
今年の私の担当畑は、循環の家とスタッフ駐車場横の畑の2区画。
それから、少し離れた所にある蕎麦と大豆と…こちらはみんなでわいわいと、土に触れることを楽しみたい畑です♪(「豆とやさい部」、参加者大募集中です~★)

原村も、ようやく初夏らしい爽やかな日が増えてきたので、最近のおひるは、外の「森cafe」でみんなで作って食べています。


今日のおかずは、七輪で炭焼きした、ソラマメとエリンギちゃん♪でめちゃんのおばあ様が育てた立派なソラマメは、皮ごと焼いて、生姜醤油でいただきました。おいしかった!


七輪で使った炭は、小谷村大網集落の「くらして」さんから購入したもの。
自分たちが山に入り、木を伐り、炭を焼くことで、大網の森をはじめ自然が循環し、日本の里山がその姿を保てるようにと。焼いた炭を使ってくれる人の暮らしが豊かになるようにと。願いを込めて焼かれた炭です。

小枝を燃やして、かまどでごはんを焚く。炭でソラマメを焼く。
冷蔵庫はオフグリッドソーラーで冷やして、お皿を洗うのに使うお湯は、薪を燃やして薪ボイラーでつくってもらう。それが、いつものDEFのおひるごはん。

食べ物は、自然が育ててくれたものだから、その調理にも、自然エネルギーを使ってみる。当たり前のことだけど、それを日々忙しいお家で毎日やるのは大変なこと。
だからこそ、DEFのかまどごはんを体験しに来てほしいな~と思います。
循環の家では、お昼時間帯にいらっしゃるお客様と毎日かまどごはんやっています^^

森と自然と、つながっていることに気づくと、
暮らしが今より少し豊かになる。そう信じています!

yosssy

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村