施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜残念なお知らせ

Series

 

悔しいです!(T^T)

 

キノです。

 

日干しレンガは、おおよそ2週間前後で乾きます。「群馬だより〜ピザ窯作ります!その1」で作ったものを、そろそろだな〜と思いつつ乾き具合を調べてみました。

 

カッチカチやぞ!になっていることを期待して触ってみると…

 

ファ!?

 

フッカフカやで!?

img_0918

 

いや、フッカフカは言いすぎですが、表面を指で押すと少し内側に沈む感触。

軽くこするだけで簡単に崩れてしまいました。

img_0920

 

な、なんじゃこりゃぁ!?

 

以前作ったサンプルのレンガと比べてみました。

img_0919

 

色の違いは乾燥の日数ですが、表面が全く違いますよね。サンプルのほうがまだ表面が綺麗です。

 

残念ですが、日干しレンガ制作は失敗です… orz

 

原因は「霜」ではないかと話しています。

 

土ですから、霜がおりますよね。この時期。霜は、地面から出てくるように、土を持ち上げるようにできます。

 

昼間、それが溶けるとどうでしょう。そこに小さな空洞ができるのではないかと。

 

その状態で乾燥するわけですから、そう、こんなサックサクのエアーインチョコレートができてしまったわけであります。

 

水を含んだ土は重いんです。

レンガ作り、けっこう重労働なんです。しゃがんで作業するので腰も痛くなるし…

 

悔しいです!(T^T)

全ての苦労が水の泡!泡が入って水の泡!ってうまいことすら言えません(大涙)

 

でも大丈夫!切り替えは早いほうがいいです(笑)

レンガは水を足せば土に戻ります!

 

ということで、船(入れ物)に戻してみました。

その際、落としたはずみでグシャっと。

少しスコップで触っただけでこの有様↓。

img_0921

エアーインな感じがよくわかるのではないでしょうか。

 

サンプルのレンガは、このブログの日に作ったので12月2日。

新しいほうは、12月25日に作りました。クリスマスに泥遊び(笑)

 

その差23日、3週間。

自然の掟を理解し、先を読み、もっと早くに作るべきでした…

あああぁぁあぁあぁぁ…orz

 

 

この後、乾燥したレンガに水を混ぜ、元通りのとろける土に戻すのも、たいへんな重労働でした。八ヶ岳での雪かきに負けず劣らず、額に汗をかき、体を動かしたのではないかと思います。

 

もう少し暖かくなったらレンガ造りに再挑戦!

 

キノ

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市