施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~街なかの家見学会

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

こんばんは、前橋営業所@広報の宮澤あきらです。

前橋営業所では現場監督の宮沢君と、広報の宮澤と2名おりまして、

ちょっとした混乱をきたしております・・・。

最近お客様から、監督の宮沢君がブログも書いているんですね、

といったお声も聞こえており、宮沢君が困り気味なのです笑。

 

広報@宮澤はDEFに入社したばかりなんですが、宮沢君よりも

歳がいっているため、先輩とか、あきら先輩などと呼ばれるように

なりました。

新米すぎて全然先輩じゃないんですけど、広報のほうです。

よろしくお願いします(^_^;)

 

 

さて、先日の土日は高崎市で現代版土壁の家の完成見学会がありました。

高崎駅からもほど近い、中心市街地になります。

DSC_0081

まわりは市街地らしく、家々にかこまれています。

でも、南側には広い庭と板塀があって、ななかまど、山ぼうし、青ダモが

緑をそえてくれて、素敵な空間になっています!

 

正面からみると、わりと小さく見えますが、

南北に長い土地なので、奥行きがあるんです。

DSC_0088

 

お家のなかのほうは、、

広くとられた土間に、薪ストーブ(イエルカストーブ)が入りました。

愛着が湧くカタチです。

DSC_0024

 

リビングにはスケルトン階段がのびてとても開放的。

日々の1階と2階の行き来が楽しくなりそうです!

DSC_0025

 

階段より上は吹き抜けの空間。

光がさし込んで、明るいですね!

DSC_0011

DSC_0008

 

2階の和室には、ご家族のシンボル「ななかまど」のランプシェード。

フィンランドの作家さんが手書きされたものだそうですが、

和室にとても合ってます!

DSC_0006

 

2階の各お部屋からは、それぞれロフトへ上がれるようになっていて、

屋根裏部屋のよう。

ここで寝ころんだり、本を読んだり、夜になれば星も見えるかな。

そんな、わくわくする場所になりそうです。

DSC_0029

 

お風呂は「コウヤマキ」と十和田石の組み合わせ。

香りもすばらしく、ホッとして最高にリラックスできそう。

DSC_0031

 

いや~、いいですね!ほんと。

 

ひとしきり素敵な家のなかを拝見し、外にもどります。

今のところ広報@宮澤のポジションは、基本的に外です。

外では、家を見学されたお客さんに、ちょっとお茶で一息入れていただき、

ちょっとしたお昼や、つまんでいただけるものをお出しし、

ご意見やご感想をお聞きしたりしています。

 

この日は、家で時々つくっている野菜たっぷりうどんと、

妻から教わりたての、人参の漬物。

DSC_0057

DSC_0041

DSC_0043

みなさんに美味しく食べていただけたようで、ホッとしています。

そして早くも、次の見学会の料理、ネタが尽きました・・・。

お次はひさびさ、かまどご飯にしましょうかね。

 

夕暮れどき。

板塀の外灯にあかりがはいりました。

DSC_0072

ただいま~。おかえり~。

街なかにあっても、1日の朝昼晩、そのときの季節感など、

家と庭のある空間って、いろいろな表情をみせてくれますね。

周辺の景色にも溶け込んでいて、この場所に、このお家ができた事で

なにかこの風景が完成したような、そんな感じがします。

 

ご近所の方々も、家のまえでふと足をとめられ、

なんだか暖かい表情で、じーっとこのお家を眺めていかれます。

まるで、昔をなつかしむように。

全国的に市街地でも空き家が増えているなかで、高崎・前橋エリアも

例外ではありませんが、ひとつ、またひとつと、

街なかにもこんな素敵な場所がうまれて、生き生きとした街になっていくとよいな~と。

そして、わたし達DEFが提案できることには、

そういった可能性も秘められているのかな、そう感じる次第です。

 

きのうは十五夜でしたね!

事務所では設計の新井ちゃんが、おいしいお団子をつくって

振る舞ってくれました。

IMG_0143

 

 

広報@宮澤 あきら

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市