施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

家づくり、はじめの三十四歩(手をかける喜び)

Series

もうすぐ一年経つ我が家の唐松の床ですが、そろそろいい頃合いだな〜

ということで、床にみつろうワックスを塗りました(^_^)

 

 

IMG_9341

お引き渡しのときなど、完成時に塗ってから、だいたい年一回くらいの

ペースで塗るといい色合いになります♩

 

しかしまだ引っ越しもしていない引き渡し時ならともかく、

暮らしている最中での床塗りはいささか準備が必要!

妻に(まだ戦力にならないちびすけの)子供たちを連れ出してもらい、

その隙に塗ります!!

まずは部屋の中のものを片付けて・・・

 

 

IMG_9342

あとは無心に塗って行きます(・∀・)

 

 

IMG_9343

この画像、上半分がビフォー。

下半分がアフター。

ちょっと写真だと分かりづらいですかね?

 

無垢の木とみつろうワックスの組み合わせは、

表面にコーティングをするのではなく、

ミツバチの巣からつくったワックスを木にうっすら染み込ませて、

水や汚れをゆるやかに防ぐものです。

 

で、目に見える効果として、色合いが深まり、肌触りがよくなる!!

 

 

IMG_9344

問い合わせでよく聞かれるのは、木の床はどんなお手入れを

しないといけないですか?

ということなんですが・・・

 

言ってしまえば、全くお手入れしないことも可能です。

それにより床がぼろぼろになるとかそういうことはないです。

 

ただ、手をかければかけただけいい風合いになるんですよね〜

だから、ついつい手をかけたくなるんです(^_^)

 

住む人それぞれのペースで無理のない範囲で、

手をかける喜びを感じていたら、それがそのお家にあった

お手入れだと思います。

木のお家に住むって楽しいですよ〜 (^▽^)/

 

追伸。

我が家の施工事例上がりました!!

どうぞご覧になってください〜

 

施工事例「奏でる家」

 

 

ハヤシ

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House