施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

木を選ぶ~オリジナルキッチン~

Series

どうも、中森家ottoの中森です。

ブログは山梨エリアで色々と書いていたのですが、中森家の移り住むブログはすっかりご無沙汰で・・・なんて言っているうちに完成してしまいそうです。

img_6312_r_r
外壁のそとん壁も塗り終わり、足場も取れました。外回りはあとウッドデッキを残すのみ、と言ったところです。

さてさて、本日のメインテーマ。
ずばりオリジナルキッチンであります!デフの家のキッチンはすべて、お客様のリクエストに合わせた大きさ、形、樹種を用いたオリジナルキッチンになります。
そのキッチンを作ってくれているのが、長野県伊那市にある「有賀建具店」さんです◎

ということで、我が家のキッチン製作にあたり、有賀建具さんにお邪魔してきました~~
(お忙しいところ無理を言ってすいません。。。)

 

加工場に到着すると、外には、建物を取り囲むように、たくさんの製材された板が積み上げられています。そう、広葉樹をキッチンに使うためには、5年ほどかけて乾燥して、実際に作ったときに狂いが出ないようにしないといけないのです。
img_6223_r_r

様々な樹種が所せましと並んでいます。お客様に人気の「オニグルミ」を発見!
img_6226_r_r

さて、建物に入りまして、有賀社長と樹種を何にするか打合せです。
机の上に広げられた本当にたくさんの種類の樹種サンプルたち。でも、すべての木があるわけではありません。なかなか手に入らないものもありますし、製作をするタイミングにしっかり乾燥が完了しているかどうか、必要な長さが取れるのか、という問題もあります。
img_6215_r

しかし、在庫を調べることなく、サンプルを見ながら、「ある」「なし」を判定していく有賀社長、記憶力凄すぎです。

こうして、ああでもない、こうでもない、と中森家2人とも、サンプルを見ながら悩みます。悩むのですが、これが楽しい時間なのです。

img_6218_r

img_2986_r

で、結局樹種を何にしたのか、ということは本日は内緒です。
出来上がったキッチンが納入されたときにご紹介させてください。
なかなかお目にかかれない、珍しい木を使うことになりました◎

ではではまた。

中森家otto

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House