施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~愛と胃袋~

こんにちは。

 

 

山梨営業所の中森です。

 

午前の打合せも終わったお昼前。

営業所のダイニングテーブルに見慣れぬカトラリーが並びました。

 

 

ナイフにフォークに、お箸。

なんだか素敵な気配が◎

 

 

dsc_0001_r

 

 

 

そう、今日はレストラン「愛と胃袋」鈴木シェフによる、出張ランチ@

山梨営業所をお願いしたのです!

 

 

dsc_0003_r

 

 

dsc_0006_r

 

 

dsc_0014_r

 

 

 

いつものキッチンに、フレンチのシェフが立っている。

不思議とそれだけで、この場所が一気にレストランのように見えて

きます。

 

 

 

いや、そもそも、なんでデフの営業所でフレンチを食べることに?

と思われますよね、もちろん。

 

 

実は、現在北杜市のとある古民家を改修して、レストラン&オーベルジュ

を始める、そのお手伝いをさせていただいているのです。

まずは、そのこだわりを確かめよう(おこがましい!)という役得?です。

 

 

 

鈴木さんは、1年半前に、山梨県北杜市にご家族で移住されてきました。

東京の三軒茶屋で、2011年から、レストラン「愛と胃袋」を営まれて

きましたが、その中で、自宅とレストランを一体にしたい、いわゆる

オーベルジュをやっていきたい!そう思うようになったそうです。

 

 

都内でそれに見合う物件を探す中で、「どこで暮らして働くか」から

「私たちはどう暮らして、どう働きたいのか」と「そもそも論」に

なってきて、その結果、山梨に移住して始めよう、と決めて、移住さ

れてきました。

 

 

北杜市に移住してから、様々な生産者の方と出会い、肉・魚・卵・

野菜etc 生産者の顔が見える、美味しい食材で、料理を作って、お客

様に出すことができる、その光景がくっきり見えてきたそうです。

 

 

 

dsc_0019_r

 

dsc_0021_r

 

 

色とりどりの野菜が並ぶサラダ。

野菜は、小淵沢の有機農家さんから、前日シェフ自らが赴いて手に入

れてきたもの。

卵は、ご友人が平飼いで育てたニワトリのもの。

パンも、ご友人が柿の天然酵母を用いて焼いたもの。

 

 

 

dsc_0027_r

 

 

メインの魚料理は、「鮎」。

これは釜無川で、シェフ自らが釣ったものだそうです。

(夏の鮎釣りと、秋のキノコ狩りに目がないんだとか◎

前菜には、シェフが取った、サクラシメジも登場していました!)

 

 

 

dsc_0028_r

 

 

屋号の「愛と胃袋」は新天地の北杜市のお店でも引き継がれる予定です。

 

 

dsc_0032_r

 

 

 

お肉のメイン、デザートまでいただき、大満足のランチタイムとなり

ました◎

 

 

食材だけでなく、カトラリーも国内外の生産者さんに、直接お願い

して製作をしてもらっているもの。

 

dsc_0011_r

 

ひとつひとつ手で削られたお箸は、どれもこれも唯一もの。

 

 

img_2887_r

 

お肉用のナイフもはるばるフランスから届きました◎

 

 

 

こうして、自分たちの目が、手が届く範囲の、安心安全な食材を

用いて、目の前にいる大勢ではないけれど、きちんと相対する

お客様に確かなものを届けたい。

この思いは、家という全く形の異なるものですが、デフが日々

やっていきたい!と考えていることと、重なってくるなあ、と

一口一口、噛みしめながら思いました。

 

 

 

今度は、お店がグランドオープンを迎えたのち、味わいに赴き

たいと思います!

(あの古民家の雰囲気と合わさったら、それはそれは、、、!と

妄想が広がります)

 

 

 

・レストラン「愛と胃袋」のfacebookページ

https://www.facebook.com/aitoibukuro/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

 

・奥様執筆の移住エッセイ「山梨移住でつくる暮らしと仕事」

http://mazecoze.jp/category/blog-ishida

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村