施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

家づくりはじめの五十一歩(手をかける

Series

今週末、いよいよ群馬の前橋に、関東モデルハウス「えんの家」が

オープンします (^▽^)/

https://a-def.com/event/28829

 

日々みんなで作り上げていく様子がブログにアップされています。

https://a-def.com/tsuchikabenoie/29077

 

そして、先日は山梨営業所も新たな場所で再オープンしました(^_^)

https://a-def.com/yamanashidayori/29002

 

各地で盛り上がってまいりました(^_^)

そんな中、空気を読まずにまたもやご無沙汰の家づくり

ブログをUPします(笑)

 

 

DSCF6366

先日、破けてしまった障子の張替えを行いました。

だいぶ派手に破けております(汗)

 

DSCF6367

 

DSCF6368

 

古い障子をはがして・・・

 

 

DSCF6369

DSCF6370

新しい障子紙を貼ったら完了!!

 

 

DSCF6372

いやー結構簡単にできるものですねぇ。

・・・恥かしながら、学生時代に一人暮らしを始めてから

障子張りってしたことなかったんです。

障子があるような家や部屋にずっと住んでいなかったので。

かなり久しぶりでした。

 

障子張りとか、床のミツロウワックスがけとか、

だいたい、木の家を知らない方から質問を受けるときは、

どれだけ手がかかりますか?という聞かれ方をします。

すごく手がかかりそうだ、というイメージとともに、

手をかけることは大変だ、というイメージも持たれているようです。

 

 

DSCF9376

 

例えば障子の場合、我が家はこのように戸袋に普段はしまっていて、

夜など使うときだけ出すつくりになっています。

そうすると、滅多やたらと障子がいつも破けて(破かれて)

しまうということもないですし、住んで3年以上になりますが、

張替えは今回の一度だけ。

 

ちなみに、床のワックス塗りも(カラマツを使っていることもあり)

今まで3回やっただけです。

 

毎日毎日手をかけていないと普通の状態が維持できない、というと

すごく大変ですし、プレッシャーになりますが、

このくらい、たまに手をかけてあげるとすごくよくなる、というと

かえって手をかけることも楽しくなるんですよね!!

その分家への愛着も湧きますし♩

 

木の家は、ほどほどに手をかけてあげるとすごくいい状態になって、

心も満足します、というのが質問の回答になるかと思います(^_^)

 

 

ハヤシ

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House