施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

イベント情報

Event Info

アトリエデフの家づくりや暮らしづくりを体験したり、
家への想い、こだわり、考え方を知っていただく機会をご用意しています。

living idea

≪八ヶ岳≫秋の夜長の線香花火ワークショップ

長野県原村「循環の家八ヶ岳」

このイベントは終了しました

すっかり冬の風が吹いている八ヶ岳ですが、「花火」のワークショップを行います!

「花火」って夏にやるものじゃん?と思ったそこのあなた!!
いやいや、冬の澄んだ空気に暖かい色の花火・・・それはそれは美しく・・・。

アトリエデフでよく登場する焚火や薪ストーブにはない、
一味違う「火」の魅力に触れることのできるのが「花火」。

花火といっても色々な種類のある中で、今回つくるのは「線香花火」です!

いたってシンプルに見える線香花火ですが、今回の講師となる佐々木厳さんは、
ご自分で線香花火の原料となる「硫黄」「煤」を集めます。

硫黄は岐阜県の山から。

炭は様々な木々を燃やし作り出します。樹種によって、火の色合いや残像が変わります。

(写真は赤松です。朽ちた木の方がヤニが出ていいのだそう。)

松を焚くと黒い煙が出ます。これを採ると「松煙」ができます。

最近見る花火は、色々な色に変化したり、カラフルで派手ですが、
佐々木さんが集めた原料でできる今回の花火は「和火」といって、
橙色に光る伝統的な花火です。

一言で「橙色」といっても、その濃淡や残像には幅があり、
佐々木さんは、常に美しい花火を追い求めて研究しています。

自分の手で採るからこそわかる、素材の大切さ。
純度の高いものよりも、自然にあるままの複雑な美しさをもつ手作りの花火。
そんな佐々木さんの花火からは、素材ひとつひとつが持つストーリーや火をつける時の心が、
ぱっと花開いたあとの残像を通して、見る人の心に届きます。

そんな丁寧に調合された美しい和火線香花火を、一緒に作ってみましょう!

他にも火にまつわる様々な昔からの道具などを、ご自身の手で作り出すことを楽しんでおられる佐々木さん。
今回のイベントでも「線香花火」以外の面白い火を見せてくれるかも!?

陽の短いこの季節、焚火でもなく、薪ストーブでもない、「火」の魅力に浸かってみましょう。

ご予約お待ちしております!

和火師 佐々木厳さん

高校生の頃から日本の伝統文化に興味を持ち始め、伝統的なものを作る仕事に就きたいと考える。花火を題材にした映画と出会い、その花火師の姿に憧れ、大学卒業後、花火の道に進むことを決意する。どうしても花火師になりたいという気持ちを手紙に綴り送り続け、縁あって山梨県市川三郷町の老舗 齊木煙火本店に入社。6年間修行を積むなかで、ある出来事を契機に花火の原点である慰霊・鎮魂の祈りを込めた和火の花火を打ち上げたいという想いが強く芽生え、独立。暖かく温もりがある癒しの火和火に魅せられ和火師の道を歩んでいる。

【ドキュメンタリー番組「明日への扉」で取材されています】
https://www.athome-tobira.jp/story/132-sasaki-gen.html

日程
2021年11月13日(土)
時間
15:00~17:00
概要
こだわりの火薬で、特別な線香花火を作って秋の夜長を楽しもう!
場所

モデルハウス「循環の家八ヶ岳」(長野県諏訪郡原村)
👉google mapはこちら

定員

数組限定

料金

2500円/組
(線香花火10本作れます)

予約方法・お問い合わせ

電話予約:0266-74-1077(八ヶ岳営業所:小倉)
ネット予約:「予約フォームはこちら」からご予約できます。

その他

小学生以上ですと、一人でも作れます。
未就学のお子さんも親御さんと一緒に参加できます。

イベントの受付は終了しました。