施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

安心へのこだわり

relief

家族がいつでも心安らかに
楽しく笑って暮らせる家でありたい。
見えない不安を取りのぞく努力を
アトリエデフは惜しみません。

トレーサビリティ

自然素材を使用する私たちは、素材の産地や成分を明らかにします。

私たちは一日のうちの多くの時間を家で過ごします。もしそこに健康に影響を与えるような素材が使われていたら、安心して暮らすことはできないでしょう。アトリエデフの家に使われる自然素材は、すべてどこから来たか、どんな素材なのかといった情報を追跡可能なものばかりです。

子どもにも安心なものを選び、シックハウス症候群に悩まされることもないよう、その成分もすべて明らかにしています。無垢の木材や土壁だけではなく、接着剤や釘といった細かな材料の一つひとつも疎かにせず、とことんこだわるのが我々のポリシー。表面はもちろん、壁や天井の隠れて見えない部分にも安心・安全なものしか使っていません。

木材

アトリエデフでは国産の無垢材しか使用しません。現在の主流である輸入材は、コスト面では魅力的なものが多数あります。
しかし海外から木材を輸入する際は、必ず強く薬剤による防虫・防腐処理を行うことが義務付けられていて、その薬品が湿度の多い日本向けに防虫・防カビ処理をしなくてはならず、その薬品が健康にも影響を与えることは否めません。
アトリエデフで使う木材は、産地や生産者が明らかな国産材で、乾燥や加工の工程で薬品を一切使っていません。だから安心してお使いいただくことができるのです。

羊毛断熱材

従来の断熱材は調湿作用がなく、壁内でカビやダニの温床となり、結露で劣化して家を傷める原因になっていました。
羊毛は暑さや寒さを遮ることはもちろん、それ自体が高い調湿作用を持っています。羊の毛は毎年伸びるため、循環や環境面から考えても、優れた自然素材です。
アトリエDEFの家はサーモウールと、杉皮からできた樹皮断熱材の2種類で断熱を行います。これに土壁も加えた総合的な作用で家を暑さ寒さから守り、心地よい室内環境を保ち続けます。

蜜ろうワックス

蜜ろうは、ミツバチが体内から巣を作るために分泌したロウ成分。
化粧品や薬にも昔から使われている自然素材で、これから作られた蜜ろうワックスは、木の風合いを生かした仕上げになると評判のアイテムで、赤ちゃんが舐めても安心です。
アトリエデフが使うのは、国産の蜜ろうを使った未晒しのワックス。キッチンやサニタリーといった水回りの床など、湿気の多い場所に使うことをおすすめしています。

家ができるまで何度でも

設計から完成まで、納得のいくまでご説明します。

アトリエデフの家づくりには、こまかなこだわりがたくさん詰まっています。こうした我々の思いをぜひご理解いただきたいとともに、人生で一番ともいえる買い物をするお施主様には、ご自身が叶えたい住まいの希望、暮らし方を存分に私たちに伝えてください。私たちはそうした要望に、アトリエデフらしい提案で、納得するまでお応えしたいと思います。

口でうまく説明できなければ、作成をお願いする「家づくりノート」に思いを書き付けてください。たった一言でも、私たちにとってはお施主様の思いを理解する大きなヒントになるかもしれません。プランニングから完成までの間には不安もあれば、新たな希望が生まれたり、不要だと感じたりすることも出てきます。そうしたことも打ち合わせを重ねて説明・ご対応し、理想の家づくりを叶えていきます。

土地探し

どこに家を建てるか決まっていない場合は、土地探しからお手伝いします。
アトリエデフは上田に本社のある長野県を中心に、群馬、山梨、埼玉、東京の一部方面でも多数の施工実績があります。
お施主様の希望する住まいづくりを、立地も含めてサポートしていきます。

設計

家づくりを希望されるお施主様には、まずご自身で要望を書き溜める「家づくりノート」の作成をお願いし、打ち合わせを重ねてプランニングを進めていきます。
プランが固まり、家づくりが決定すれば契約を交わし、詳細な実施設計や地盤調査といった具体的作業の開始となります。構想計算については専門家のチェックの元に、確実な強度を持った家を作り上げます。
プランや設計内容、お見積もりにご納得いただくまで、スタッフがこまやかに対応させていただきます。

現場打ち合わせ

工事を始めてからも、必要な場合は随時打ち合わせを行います。
家づくりには設計図面上ではわからないことや、実際に現場で見なければ実感できないことも多々あります。そんな場合はお気軽にご連絡ください。
現場監督がご案内して説明するとともに、変更の要望があればお打ち合わせ等を行い、対応致します。
また、壁塗りやワックス塗りといった仕上げ作業にはお施主様も参加することができます。