施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

odadadaの記事一覧

オーナーインタビュー「花咲みの家」

Series
odadada
山梨営業所

草花の芽吹きの爆発力に圧倒される今日この頃。

さて、今回はデフのインスタグラムで大人気!
「花咲みの家」のOさまにメールインタビューをさせていただきましたのでご紹介します。

高崎市の住宅地に建つ「花咲みの家」の竣工は2016年。
敷地の段差を活かした設計がゆとりとメリハリのある空間を生み出しています。

今回のインタビューでは、群青色の漆喰壁が印象的なキッチンについてお聞きしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Q1. 群青色の漆喰壁が素敵ですが、どうしてこの色にされたのですか?
   試行錯誤はありましたか?

壁を1面だけ、色をつけていただきたいと希望を伝えました。デフの家は壁が白のイメージがあったので難しいかなと思いましたが、担当の方々が検討してくださり実現しました。
当初、グレーの壁にする予定でしたが、自然の素材で色を作っていくと、私の思っていた色にぴったり合うものは難しいようでした。サンプルを何色か作っていただいた中で、群青色のサンプルが気に入りそれが我が家の壁になっています。結果として、群青色にして良かったです。明るく楽しいダイニングになりました。壁一面、グレーだと暗い印象だったかもしれません。

Q2. 食卓を兼ねた大きなキッチンカウンターが印象的です。
   ステンレス製にされたことやキッチンを一段下げられたのはリクエストですか?

はい、我が家のリクエストです。
木とステンレスの組み合わせが、木の温かさもあり、スタイリッシュだと思いました(⁎ᵕᴗᵕ⁎)掃除がしやすいことも考慮しました。我が家はもともと料理を作って、もてなすことが大好きです。料理を作る人と食べる人が一緒に食卓を囲める形を考え、このようなキッチンになりました。いろいろなアトリエデフのお宅を見学に行って、参考にしました。

Q3. お家を建てられる時から食事の場を中心に、と考えられていたのですか?
  また、台所はご家族の中でどんな存在ですか?

我が家は食べることも作ることも好きです。建てる時から食事と料理を中心にと考えていました。台所は我が家にとって、いつもの日常の風景です。

Q4. これから、家で楽しみたいことや挑戦したいこと、花咲みの家での暮らしについて何でもお聞かせください!

子どもがまだ小さくて毎日が慌ただしいので、家族の成長と共に家の変化を楽しんでいきたいです。今の世の中の状況が改善したら、たくさんの友達たちに我が家に来てもらって、ごはんを作りたいですね。それから、主人は料理が得意なのでお料理教室も将来できたら楽しいだろうなぁと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

掲載写真の撮影から3年ほど経った今、少し大きくなられたお子さんたちと一緒にごはんを作ったり、食卓を囲んで今日あったことを話したり…家族みんなの一日一日が台所と共に紡がれていく。そんな風景が目の前に浮かびますね。お家づくりだけでなく、暮らしを考えるときは何を生活の中心にしたいのか、好きなことをどう取り込んでいくかをクリアにしていくとOさまのように、自ずと答えが見つかるような気がします。

今回はメールでのインタビューとなりましたが、ご一家の台所を中心にした忙しくも楽しい日々の暮らしが伝わるといいなと思います。Oさまご協力いただきありがとうございました!

施工事例「花咲みの家」

写真・中嶋大助/2019年撮影

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House