施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

採用情報

Recruiting Info

Staff Interview

現場監督インタビュー

現場監督
宮沢 駿

大学で建築を学び、本物の材料を使った家づくりに感銘を受けてアトリエデフに入社。施工管理の仕事には、図面を実際にモノとして完成させていく面白さを感じ、この仕事を追求しようと日々経験を重ねている。

img_body-01

施工管理者は工事の全体を見るまとめ役。

施工管理は家の実施図面が完成すれば材料を発注し、工事のスケジュールや安全、費用、品質等の管理を行う仕事で、一般的には現場監督とも呼ばれる立場です。大学では建築を学んでいましたが、設計とは頭の中で考えることが中心で、実体のない図面の中にだけ存在する状態です。しかし、私自身はそれをちゃんと形として作ってみたいという希望が強く、施工のまとめ役であるこの職種を選択しました。もちろん自分で手を動かして作る訳ではありませんが、施工管理者が全体を見て管理・指示することで家が完成する醍醐味を味わえる仕事です。

私の役目は、お施主様と職人の真ん中に立って調整することでもあります。お施主様にはアトリエデフの家づくりについて理解していただけるように努め、ときには現場での説明を行います。職人にはお施主様の要望を実現してもらうために細かな面も働きかけます。そしてお金や納期の管理をしながらバランスをとって、家を完成に近づけていきます。一つのことだけを見ていてはダメで、広い視野が必要とされます。

img_body-02

日本の伝統工法を守ることのやりがい。

私は元々ビニルクロスなど、現代の住宅で使われている素材は好きではありませんでした。だからこそ、無垢材や土壁といった本物の材料を使い、大工や左官といった日本の伝統の技で家を建てるアトリエデフの家づくりには面白さとやりがいを感じています。例えばプレカット材は出来上がった木材を組み立てるだけの単純作業ですが、手刻みの仕事は現場で考えながら作る必要があり、職人も多くの経験ができます。また、図面に書き込まれていない細かな部分では、私自身も美しい収まりを考えながら、現場で職人と相談して仕上げることもあります。そんなときは実際のモノ作りに参加したような楽しさを味わえます。

img_body-03

施工管理の仕事は、図面通りに、工程もスムーズ、細部の納まりもきれい、というのが理想的ですがどうやれば完璧、というものがありません。アトリエデフの家づくりは手仕事も多く、時間がかかるため、いかにうまくこれらの事柄をうまく回していくか、施工管理者の実力が問われます。しかしモノづくりが好きで楽しいと思うからこそ、この仕事をもっともっと極めていきたいと思っています。そのために、多くの現場を経験し、自分の管理のスキルを上げていくのが目標です。