施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

イベント情報

Event Info

アトリエデフの家づくりや暮らしづくりを体験したり、
家への想い、こだわり、考え方を知っていただく機会をご用意しています。

manabi

《東京》人と環境に優しいこれからのリノベーション −サステナブルな社会の実現に向けて−

東京都豊島区

増え続ける空き家や空きマンションの問題は、人口減少が確実な日本においては深刻な問題です。
しかし、それらをただ壊すのではなく、リノベーションし、使い続けられるものへと更新することで、既存の空間とは違った新しい価値を生み出すことができます。
さらに、つくる素材、暮らし方、そこに必要なエネルギーが持続可能なものならば、自然資源の無駄使いを無くし、環境を守ることにも繋がります。

リノベーションをするのなら、人にも環境にもやさしいものを提案したい。
日本の木と土で家を作っているアトリエDEFのそんな思いから『Re×S(リ・バイエス)』は誕生しました。

サステナブルなリノベーションのとは何か。
リノベーションという小さなアクションが社会や環境、世界とどう繋がっているのか。
それを紐解くために、持続可能な社会への世界の取り組みのこと、これからのエネルギーのこと、環境と暮らしとの関わり方についてもお伝えします。サステナブルな暮らしや環境、社会をみんなで一緒に考えていくためのセミナーです。

■プログラム ※各回内容同じ

・持続可能な社会実現に向けた世界の潮流と日本の現状
(BIO HOTELS JAPAN)
・エネルギーの選択〜あなたは何を選びますか?〜
(みんな電力)
・アトリエDEFの取り組み〜山と森とつながる家と暮らし〜
(アトリエDEF)
・持続可能なリノベーション Re×S(リ・バイエス)の目指すもの
(アトリエDEF)

■特別ゲスト講演

「持続可能な未来を つくる教育」
ゲスト講師:自由学園 鈴木康平氏 (環境文化創造センター)

自由学園は1921年に東京都豊島区に創立され1934年に東久留米市に移転。
1950年以来、幼・小・中・高・大の一貫教育を行なっています。
「生活即教育」を教育理念として、足元の生活課題に取組む日々の実践を生かして、それらを自覚的に現代社会の課題に関連づけ、さらに世界が抱える問題を解決する糸口と捉えることをめざしています。

■「自由学園 明日館」について

明日館は、1921年(大正10年)に東京の目白(現在の豊島区西池袋)に創設された女学校・自由学園の校舎として、巨匠フランク・ロイド・ライトと弟子の遠藤新により設計された建物であり、日本に現存する貴重なライト作品のひとつとして世界的に知られています。ライトが唱えた、建物と自然、建物と人との関わり方を大切にした建築理念は、「有機的建築(オーガニックアーキテクチャー)」と呼ばれ、そのエッセンスは明日館にも受け継がれています。
老朽化によって取り壊し寸前であった明日館ですが、1997年(平成9年)に国の重要文化財となり、その後、約3年間にわたる大掛かりな保存修理工事が行われています。
都会の住宅地にある敷地に一歩足を踏み入れると、自然と調和した穏やかな雰囲気に包まれ、建物の内部は長い年月をかけ時を刻んだ嫋やかな空間に癒されます。この場を訪れた多くの人に愛され、守り注がれてきた明日館は、まさにサステナブルな建物の代表とも言えるのではないでしょうか。

日程
2019年04月25日(木)
時間
2019年4月25日(木)13:30〜16:30(受付開始 13:10〜)
予約

予約制になります。
ご希望の方は、開催日前日の18:00までにご予約ください。

※当日キャンセルに関しまして、キャンセル料をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

場所

自由学園 明日館 会議室Rm1925

(東京都豊島区西池袋2-31-3  池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分)

定員

25名(申込先着順)

料金

お一人さま 1000円(税込)コーヒー、お茶菓子付き

予約方法・お問い合わせ
下記の予約フォームからお申し込みがスムーズにできない場合があります。
その場合は、お電話やメールにてご予約を承りますので、お手数ですが、以下の必要事項を明記の上、ご送信ください。
件名:「Re×Sセミナー申し込み」
①氏名(よみがな)
②ご連絡先(メールアドレス)
③当日連絡可能な電話番号
④参加希望日
⑤ご参加人数
⑥弊社の資料請求の有無
(※資料請求有りの場合)送付先のご住所
⑦その他質問などあれば
 
Mail:yamaguchi@a-def.com
八ヶ岳営業所(担当:山口)
TEL:0266-74-1077

 

その他

主催:アトリエDEF、BIO HOTEL JAPAN、みんな電力