施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

イベント情報

Event Info

アトリエデフの家づくりや暮らしづくりを体験したり、
家への想い、こだわり、考え方を知っていただく機会をご用意しています。

living idea

満員御礼!!《東京》アトリエDEF × Re:gendo 【こども循環学校】

東京都 西荻窪

このイベントは終了しました

【満員御礼!】
おかげ様で、このイベントは満席となりましたので、
受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。(6/7更新)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山や里にある自然をこどもたちに伝える活動の一つとして、
東京の西荻窪の古民家でカフェを営む「Re:gendo」と一緒に、
こどもたちを対象としたワークショップを行いながらお話をする、
「こども循環学校」を行います!

「Re:gendo」は、
島根県大森町に本社を置く石見銀山生活文化研究所が運営する、
引き継がれてきた日本の暮らしの文化を活かし、
古き良きものの新しい価値を提案しているお店です。
石見銀山生活文化研究所というと、
他にも、衣料品ブランド「群言堂」や化粧品ブランド「MeDu」、
暮らす宿「他郷阿部家」など様々な事業を展開しています。

今回のイベントは、ワークショップが2つセットになっていて、
山の木や土を使ってお家を作る私たちアトリエDEFは、
「山のワークショップ」を。
石見銀山から届く里山の恵みを生かし、
食事や生活雑貨と通して暮らしを発信するRe:gendoは、
「食のワークショップ」を行います。

\アトリエDEF:山のワークショップ/

■山の恵み100%のどんぐりポットを作ろう!
山の木や土を実際に手で触れて、どんなことを感じるかな?
町の木や土と、肌触りや匂いは一緒かな?
実際に手で触れた感覚を確かめながら、どんぐりポットを作りませんか?

使う材料は、全て山の素材ばかり。
ポットは、DEFの家づくりに欠かせない宮城県くりこま山の木で作り、
中に入れる土は、長野県八ヶ岳の山の腐葉土を使います。
そして、植えるどんぐりは、長野県原村周辺で拾ったどんぐりです。

どんぐりは、山の動物たちにとって貴重な食べ物。
できあがったどんぐりポットは、お家でじっくり育てて、
どんぐりの苗が大きくなったら、
八ヶ岳の山に植えにきてください^^
木のポットもやがて土に還るので、そのまま一緒に埋められます。
(もちろん、そのままお家で育てても大丈夫です。)
大きくなるまで2〜3年はかかるので、
お子さんの成長と共に、ぜひ見守ってあげてください。

\Re:gendo:食のワークショップ/

■手塩にかけて、真心こめて、おむすびを握ろう!
Re:gendoの定番、てのひらの料理「おむずび」。
昔から手のひらには、痛いところに手を当てて病を治す力があったり、
神さまや仏さまに手のひらを合わせてお祈りすることで願いを届けたりなど、
巧妙なる力が宿っていると言われています。

お店にある大きな土鍋を使って、ふっくらと炊き上げたごはんで作るおむすびは、
しっかりとした米粒の食感が残り、ふっくらとした優しい口当たりで、
噛めば噛むほど甘くて美味しい味が、口の中いっぱいに広がります。
普段、お家で作るおむずびとは一味違う握り方の秘訣を、親子で学んで、
お互いにおむずびを交換して、食べ合いっこしましょう^^


(出典:石見銀山生活文化研究所より引用)

使うお米は、島根県出雲市の結(むすび)地区で栽培された「出雲 神結米」。
土と水、気候に恵まれ、古来の神さまに見守られるこの土地で作られる、
こだわりのお米です!

季節の恵が満載の具材を使っておむすびを結んだら、
Re:gendo特製のぬか漬けと味噌汁と一緒に、
山や里のお話をしながら、みんなでいただきましょう。

(出典:石見銀山生活文化研究所より引用)

会場は、「Re:gendo」のテラス席です。
当日のスケジュールは、
15:30〜 森のワークショップ by アトリエDEF
16:00〜 食のワークショップ by Re:gendo
となります。

参加費につきましては、
森のワークショップ:どんぐりポッド1鉢 1000円
食のワークショップ:大人1人+子ども1人 1000円
(おむすび、ぬか漬け、お味噌汁付)※1人追加:600円
の合計金額となりますので、ご注意ください。
お申し込みの際には必ず、
「作りたいポットの個数」と「ご参加人数」をお伝えください。
大人の方のみご参加の場合は、参加人数によって調整させていただきますので、
ご相談ください。

ご参加、お待ちしております!

日程
2018年06月09日(土)
時間
15:30〜17:00
(受付15:00〜)
■タイムスケジュール
15:30〜 森のワークショップ
16:00〜 食のワークショップ
概要
西荻窪にある古民家カフェ「Re:gendo」さんと行う、子ども向けの山や里と町を繋ぐワークショップです!
予約

下部にある「予約フォーム」か、お電話(070-4315-1047:担当 山口)にてご予約いただけます。
※ ご予約の締め切りは6/8(金)まで。

場所

Re:gendo(りげんどう)

〒167-0054 東京都杉並区松庵3丁目38−20

●西荻窪駅より徒歩3分

定員

10組限定

持ち物

・汚れてもいい服またはエプロン
・ハンカチまたはタオル

料金

こちらは、ワークショップが2つセットとなったイベントです。
参加費はご希望の内容によって異なります。
■森のワークショップ
・ポット1鉢:1000円

■食のワークショップ
(おむすび、ぬか漬け&お味噌汁付)
・大人1人+子ども1人:1000円
・1人追加:600円
※幼児無料

下記予約フォームからお申し込みの場合は、お手数ですが、その他連絡事項等欄に「作りたいポットの個数」と「ご参加人数」を明記の上、お申し込みください。

 

予約方法・お問い合わせ

アトリエDEF(担当:山口)
電話:070-4315-1047

イベントの受付は終了しました。