施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

オーナー様の暮らし・声の記事一覧

山梨だより~循環する暮らし

Series
おぐっぴー
八ヶ岳営業所

こんにちは、おぐっぴーです。

先日、韮崎市にお住まいのH様のお宅におじゃましてきました!
(施工事例もありますよ◎ http://a-def.com/our_works/166 )


H様のお家は、2階建ての板張りのお家。
お引き渡しから丸5年。
外壁だけでなく、床、キッチン、あらゆるところで月日を感じさせてくれます。

つるっつるのキッチン天板。
毎日、使った後に拭いているだけだそう。皮みたいです。

玄関、キッチン、リビングが一つになっています。
薪ボイラー、キッチン、薪ストーブの動線が最高!とのこと!
床は藤岡瓦です。

全室が土壁仕上げなので、落ち着いた雰囲気。
木陰が写ってきれいでした。

なによりも素敵だなと思ったのは、鶏が3羽いること。
卵はもちろんですが、
「鶏糞」として、ホームセンターで売られているものを
排出してくれます。

畑の端に置いて、発酵させ、完熟になったら、畑へ撒く。

その畑で採れたものをいただき、鶏にもあげて、
こうして、あらゆる栄養やエネルギーが循環していました。

動物を飼うこと、そこから食べ物をいただくことで、
いのちのありがとう、を身をもってしることができるのも、魅力的。

田んぼや養鶏もやりたいと思って、いま構想中!とのこと!
そしたら、いまよりも循環するものが増えて、
米、ワラ、はちみつ、みつろう、、、
自然の巡りは、なんてシンプルで、無駄がなく、美しいものなのだろう。。。

(お庭でとれたジュンベリーをジャムにして、米粉クッキーにのせて)

みんながみんな、こんな暮らしができるわけではないけれど、
なるだけ、無駄のないように、ゴミのないように、

(薪割りで出た木の皮、枝は、かまどご飯を炊くのに使ったり、ボイラーで使ったり)

自分が死んじゃったあとのことを考えたり、

もっと気持ち良く過ごせる自然環境を残そうとしたり、

地球を悲しませることのないように、

毎日の小さな積み重ねを増やしていけたらいいなあ。

と、思いました。

H様、訪問を受け入れてくださりありがとうございました!

(木でできた昔ながらのトイレの鍵。カワイイ。)

なんでもかわいい、おぐっぴーでした。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House