fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2021年7月の記事一覧

素材がそのままの形で。

Series
けろ
八ヶ岳営業所

こんにちは!けろです!!

エコラの夏祭りが中止になってしまいましたね涙
私は今年が初めての参加だったので、とても楽しみに準備もしていました。。。。
残念ですが、今はできることをコツコツと。
いつの日か森で思いっきり遊べるように!!!!!

今回は、エコラの夏祭りで予定していた「花炭(ハナズミ)」についてお話したいと思います!

皆さんは「花炭(ハナズミ)」をご存知でしょうか。
ハナズミとは、“植物の形そのまま”に、炭化させて作る炭のことです!
(※花や葉っぱ、木の実や野菜など)
昔は「飾り炭」とも呼ばれていたらしく、その歴史はなんと500年ほど前!!!
私も今回初めて作ってみましたが、とても美しいなと感動致しました。
完成品がこちらです。
自然のものそのままでも美しいですが、炭化させることでまた別の美しさがありますよね。
綺麗にできた!!と思って触ったら、手がまっくろくろすけ。笑
もし作られる方がいらっしゃいましたら、お気をつけください。。。笑

今回使ったのは、エコラに落ちていた自然のものばかり。
松ぼっくり、竹、くるみ、栗、折り紙、葉っぱなどなどたくさん入れて作ってみました!
(※竹と折り紙だけは、八ヶ岳営業所から持参致しました)
驚いたのが、折り紙でも燃え尽きずそのままの形で炭化されたことです!!
しかし、触ってしまうとすぐ崩れてしまうため折り紙を炭化させたい方は、
厚めの紙がいいかもしれません。

そして、「ハナズミ」は美しいだけではなく、消臭効果もあるらしいです!
植物には水や養分を行き渡らせるための管があり、炭化した際にその水や養分が抜け、
無数の孔が残るため、その孔が臭いにおいを捕まえてくれるそうです。

みなさんも気になりましたら、ぜひ作ってみてください(^ ^)

 

以上、けろでした🐸

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

デフの原点となった
土に還る家

循環の家 上田
長野県上田市