fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2021年1月の記事一覧

中古別荘のリノベーション~ついに引き渡し!!~

Series
おぐっぴー
八ヶ岳営業所

みなさま、こんにちは。
ここのところ、ちゃんと週1でブログ書けてる!おぐっぴーです。
おぐっぴーのブログ更新は、毎週日曜日です。お楽しみに😆!

さて、先日行った別荘のリノベーション現場。

まだスケルトン状態でしたが、やっとやっと完成しました~😆!

中古別荘のリノベーション~生まれ変わる家 👈まだ読んでない方はこちら。

では、ここからは劇的ビフォーアフターのBGMをかけてくださいね。


持ち主が訪れなくなってから時が止まっていた室内・・・。
少しカビ臭さもあり、天井も雨漏りがしていました。


リノベーション後、壁に塗られた漆喰は天井も真っ白に覆い、
小さな窓は、大きな木製サッシに変わり、室内に大量の陽光を取り入れます。
以前も見えていた立派な梁はそのまま。でも十分馴染んでいます。


部屋の端にまとめられたキッチン。
扉の接着剤は湿気で弱まり、カビの温床となっていました。


新しいキッチンは、科学的な接着剤を全く使わず、自ら湿気を調整してくれます。
無垢の木の天板は陽の光で明るく、キッチンが家の中心となりました。

かつてキッチンがあったところは、パントリーと冷蔵庫が置かれます。
キッチンの天板続きには、ワークスペースもできました。

大きな薪ストーブと、その横には畳の部屋があった1階。
2階も畳の部屋がありました。


現在は、奥の玄関横に新たな薪ストーブを設置。
畳だった部屋は壁を抜いて、リビングラウンジとなりました。
(白い養生がある部分には、新しい畳が敷いてあります。)


かつて薪ストーブがあったところに、2階への階段を設置。


玄関から見ると、室内全てが見渡せます。

苔が生えてしまったウッドデッキも・・・


ヒノキの綺麗なウッドデッキになりました。


どうやって開けたらいいか分からない障子付きの窓も・・・


綺麗に空が見上げられる窓になりました。

感想。リノベーションは面白いです!!
残さなきゃいけない部分があるため、間取りにも制限が出てきます。
そこをどう、面白く、きれいにまとめるか。
今回の設計士、でめ先生、お疲れさまでした!!

(お客様の愛犬。寝る直前。)

無事にお客様にお引渡しができて、一安心です。
早速一泊していかれたお客様が、笑顔で迎えてくださって安心しました。

山の上にある別荘、人里離れた静かなところで、
お二人と2匹が暮らすこのお家。
また遊びに来たい!!どんな風に暮らすんだろう。

新しい持ち主に受け渡された家も喜んでいると思います。
そのまま捨てられなくて、本当によかったね。

これからも末永くよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

デフの原点となった
土に還る家

循環の家 上田
長野県上田市