fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2020年5月の記事一覧

目をこらし、耳を澄ませば。

Series
oh-!
八ヶ岳営業所

暖かくなるにつれて、
生き物たちの動きが活発になり、
日に日に移り変わってく風景の中でその動きを見逃さまいと、
五感を働かせ、目や耳をこらして探すことが、
ちょっとした日課になってきた今日この頃。

この春、八ヶ岳営業所の敷地内だけで、
たくさんの生き物に出会うことができました。

前回のブログで登場したリスもしかり、
また別の日に遭遇した、食事中のリス。

星野さんも遭遇したギンヤンマ。

設計室で息を潜めていたシジュウカラ。

弱っていたのか、歩いてたスズメバチ。

スギナの森に身を潜めるカエル。

塗り立ての真っ白な漆喰に、静かに張り付くカメムシ。

大きまカラマツを登るアカゲラ。

大きな巣を形成してるクロオオアリ。

蓬の上でキレイな羽を広げていたチョウ(種類わからず)。

透明ケースに映る自分と格闘するムクドリ。

他にも、5月中頃から鳴き始めたカッコウや、
番で歌いながら、飛び回る小さな鳥(薄いグレイっぽかった気がする)、
緑が濃くなると共に、どこからか降ってくるシャクトリムシ、
風で大きく揺れる、伸びた雑草にしがみつく毛虫、
体にいっぱい花粉をつけて、帰っていく日本ミツバチなどなど、
四六時中、そこかしろから生き物たちの気配いっぱいです。

もちろん気持ちいいものばかりじゃないけれど、
こうして同じ環境の下で生きてると思うと、
ちょっと愛おしくもなります。

彼らにも彼らの暮らし?があるわけで、
どこかしら持ちつもたれるなものもあるわけで。
そういうものを感じながら、探しながら、
共に生きることは、とても楽しくて面白い。

どんな生き物だって、
自然が溢れる場所を心地よく感じるのは同じ。
そういう場所を分け合って生きてるんだなって、
ふと思いました。

もうすぐ夏。
生き物たちも植物と同じように、どんどん移り変わっていきます。

どうぞ、八ヶ岳営業所の敷地周辺をのんびり探索しにきてください。
今日紹介した生き物も、わたし調べなので間違ってるものもあるかも。
そんな指摘も待ってます。結構飽きないもんですよ(笑)

ー追伸ー
毎年この時期になると、
ルリアリらしき大群が車の中に避難しにきます。
そんな経験、わたしだけでしょうか・・・。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村