施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2018年8月の記事一覧

明日から9月です。

でめ
八ヶ岳営業所

ちゃお!でめです!
今更ながらですが、どうして私がでめというのか…きっかけは、小学校のときプールで泳いでいたら、私の目が大きがゆえに「出目金が泳いでる~」って目の細い男子に叫ばれたのが発端でした。てなことで、お盆休みに奈良県大和郡山市…別名金魚町へと行ってきました。金魚の自動販売機があったりととても魚魚としたところでした。お盆がきたと思ったら、もう明日から9月という…年を重ねるごとに時間の早さに驚くばかりで…あぁ早いな~

さて、今日は、茅野市の土地の現地調査へと行ってきました↓

現地調査って何?と思わる方もいらっしゃるかと思います…まぁ文字通りのことで、これからお家を建てる予定の土地の調査です。具体的になにするの?
土地を買った!さぁ工務店も決まった!じゃぁ早速プランを考えよう!となれば、ここで設計の出番です。まず、お家のプランを考える前に、大事なことのひとつ、それは土地の特徴を把握すること。その土地の特徴は、場所により様々なので、いろんな視点から土地を見なければいけません…

じゃぁ今回はというと…南西に開けていて景色がgood。夕日が沈む眺めもよさそう
他には、東西に傾斜だな…現段階はまだ近隣のお家までは、距離があるけど、将来周りにお宅が建つ可能性があるところかな。あとは、風の向きや日当たり、ラフラインの確認だったりと、プランを考える上で大切な要素を探していきます。

う~ん。そうしたら、その特徴を把握したうえで、どのあたりに建物を置くといいかな?車の乗り入れはどこからがベストかな?東西に傾斜だから、建物の入口の高さはどうしようかな…などなど…お家が建ったあとの暮らしでの動線も考えながら土地を見ていきます。例にあげたのはあくまで私の視点としてですが…そんなこんなで第一回目の現地調査は終了です。
土地の特徴を把握するのは簡単ですが、ここから実際に建った時の想定をしながら設計をする。う~ん、ここが難しいとこでもあり、とても大事なことなんです。今回のみそっす。

さぁって、次回のヒアリングでは、お客さんからどんな要望が出てくるのかな~。どうやってこの土地を調理してあげようかな~。う~ん。楽しみでしょうがないですね。
てな感じでおなかがすいたので帰ります。

それでは、また。

 

でめ

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村