施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2017年6月の記事一覧

安曇野 穂高町学者村

小島真太朗
関東不動産事業部

穂高町学者村という分譲別荘地のご紹介です。

長野県安曇野市は、2005年10月、穂高町、豊科町、三郷村、堀金村、明科町が合併してできた新しい市です。

その中でも旧穂高町エリアには、昭和38年頃から別荘地として開発され今に至ります。別荘はもちろん、ホテルやカフェ、いろいろな工房などが点在していてとても雰囲気の良いところです。全国から多くの方がやって来ます。そして移住される方も大変多いエリアです。

写真は碌山美術館。穂高の象徴的な建物ですね。

 

先日もお客様の土地を見るために旧穂高町界隈の土地を見て回りました。

いつも何となく見過ごしていましたが、あちこちに学者村という看板を見ることがありました。気になって調べてみるとちゃんとHPもあり、分譲別荘地としての開発経緯などが案内されていました。ぜひご覧ください。

穂高町学者村の紹介HP

 

古い分譲地ということで、未舗装の道路だったり、樹木が成長して暗くなったりしていますが、HPを見るとそれなりに開発の意図があり、リゾートしての位置づけの中で乱開発を抑える事ができているんだなと納得しました。総区画数は1400、そのうち建築されていく区画は300区画程度のようです。現在物件として売りに出されている売地は、過去に取得して土地だけを所有している方がいろいろな事情で手放すことになった物件のようです。そんなわけですので、物件の価格は比較的安いものが多いです。

場所によっては、山麓線という雰囲気の良いメイン道路からすぐ入ったところの物件もありますので、森の奥深くに入っていってしまうような感じはありません。敷地いっぱいに樹木が覆っている土地も多いですが、必要に応じて伐採することで日当たりや風通しも確保できると思います。

梅雨が空けると夏のシーズン本番の穂高です。軽井沢や八ヶ岳とはまた違った雰囲気の場所です。電車では松本駅から大糸線に乗り換えて穂高駅で下車、車だと高速の長野自動車道 安曇野ICをおりて15分ぐらいの場所です。関西や中京からの方も非常に多いです。山登りの好きな方は北アルプスの山々を登山するのに必ず来る場所でもありますね。

是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。わさびも有名で水がとても良いところでもあります。移住の候補地として是非検討されると良いと思います。

ざっくり地図を添付します。

FireShot Capture 7 – Google マップ – https___www.google.co.jp_maps_@36.3358725,137.8507872,13z

 

あと最近発行された信州のガイドブックです。長野県は77もの市町村があります。何となく長野県に移り住もうかなと漠然と考えていらっしゃる方にはおすすめです。まー信州人にも便利なガイドブックですが・・・。 長野県内の書店、コンビニには必ず置いてあるはずです。都会の書店でもお求めになれると思います。今はアマゾンでも。

夏本番です。暑くなったら信州におこし下さい。アトリエDEFも是非覗いてくださいね。それではまた。

kojima

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

デフの原点となった
土に還る家

循環の家 上田
長野県上田市