施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2016年10月の記事一覧

伊那市で地鎮祭を、茅野市でお清め式を行いました!

Series
oh-!
八ヶ岳営業所

こんにちは、八ヶ岳のおーです^^

だんだん本当に寒くなってきましたね。

私、原村に来る前は豊橋市という所に住んでいたのですが、そこの真冬と今もう一緒の気温です…これから先が思いやられます。

さてさて、先週の良く晴れた日曜日に、地鎮祭とお清め式を二か所でそれぞれ行いました。

dsc_0042

まずは伊那市へ。建築場所は、南アルプスと中央アルプスが両方望めるとても眺望の良いところでした。お施主さまが事前に敷地内の草かりを行ってくださったおかげで、とてもさっぱりとした敷地で地鎮祭を行うことができました。

dsc_0015

今回の地鎮祭は、お施主のI様がお願いされた宮司さんに行っていただきました。私はDEFに入社して初めての地鎮祭だったのですが、普段DEFで地鎮祭の準備を行う場合、結界の四隅に竹を建てるそうです。今回、宮司さんがご用意された木は「ソヨゴ」。緑のきれいな葉が少冷たい風になびいて、とても清らかな雰囲気の中で地鎮祭は執り行われました。

dsc_0030

地鎮祭には、土地を清め、これから行う工事の安全を祈願する意味があります。参列者は、I様ご夫妻と奥様のお父様、そしてDEFスタッフ。皆で工事の無事をお祈りしました。

dsc_0038

儀式の中で宮司さんが篠笛を吹いて下さり、より一層引き締まる想いと共に、感慨もひとしおでした。

dsc_0051

無事に地鎮祭を終え、I様とスタッフでご近所へ工事のご挨拶へ。最後に宮司さんが、結界のあったところのっ中央に榊を立ててくださいました。この景色が、これからできるI様のお家からどんな風に見えるのか、楽しみです。

dsc_0064

そして、午後からは茅野市へ移動し、O様のお清め式へ。八ヶ岳の山裾にそってなだらかに広がる畑や田んぼの風景の中に建てられるO様邸。ここでは、地鎮祭をしない代わりに、酒・塩・米を家が建つ部分の四隅に撒き、土地を清める儀式を行いました。

dsc_0061

O様とDEFスタッフで列になって、順番に四隅を回り、土地を清めました。

dsc_0066

最後にO様から着工へ向けての想いをお話しいただき、O様のここでの暮らしを形にしていくお手伝いができることを嬉しく感じました。

dsc_0068

笑顔あふれるアットホームな雰囲気の中、最後に記念撮影を。まわりの田んぼの緑が生えるころ、ここに新しい景色が広がっていると思うと竣工がとても楽しみです。

どちらのお家もこれから工事が始まり、長い冬を越えて、来年の春以降の完成に向けて、スタッフ一同全力で取り組んでいきます!

I様、O様、この度はまことにおめでとうございました^^

おー

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村