fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2015年12月の記事一覧

群馬だより~全社研修を経て、2015年最終日

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

おとといの12月27日。

ここ群馬で、アトリエDEFの全社研修がありました。

 

関東営業所の敷地内で建設をすすめている、関東モデルハウス。

基礎工事が完了し、2016年の年明け、1月には建て方から上棟が行われる予定です。

このタイミングで改めて、アトリエDEF全スタッフにて、

関東・群馬の地域性や、このモデルハウスのコンセプト、施される工夫などを実感して共有すべく、

朝から八ヶ岳・山梨方面、上田・長野方面よりスタッフの面々が関東営業所へ集結です。

DSC_0009

関東地方の方々にDEFが提案したい家。

そのコンセプトと工夫したポイントを、設計者である砥石さんがご説明。

 

その間も肩を寄せあうスタッフ。

はい。モデルハウスだけでなく、上州名物「からっ風」も体感してもらいますよ~。

この日も強風^_^;

DSC_0008

八ヶ岳・上田・長野。

寒さには自信がある長野県スタッフも、ちょっとブルブルしています。

冷たい風は体温を奪いますからね~。

 

ここはモデルハウス玄関。

DSC_0014

 

モデルハウス南面。ここにはL字のウッドデッキがきます。

DSC_0013

 

モデルハウスの土間スペース。ここには薪ストーブがきます!

DSC_0016

 

畑もやっております。

赤カブ、ほうれんそう、春菊などなど、ゆっくり成長中!

DSC_0011

 

 

今回は12月末ということで、冬の関東・群馬を知っていただきましたが、

関東・群馬でもっとも酷な季節は・・・なんといっても夏。

それはそれは、長野県とは比べものにならない暑さがあります。

37℃が連日つづき、夜は30℃ちかい熱帯夜だってあります。

ですから、なかでも特に力をいれるのは夏対策です。

 

関東モデルハウスは、自社生産のはじまった土壁も使います。

夏は朝晩の冷気をとり込み蓄冷。

冬はストーブや日中の太陽の暖かさを蓄熱してくれる、優れものです。

そして、夏暑い関東を意識して次の2つも検討中。

軒や下屋を長く張りだし、夏の日差しを遮ること。

夏でも涼しい、床下の空気を室内にとり入れること。

 

いずれも関東の夏を、なるべくエアコンに頼らずに過ごすための工夫です。

これはとても小さなことですが、

家庭における化石燃料、原子力エネルギーの消費を減らすことにも繋がります。

 

アトリエDEF創立から20年。

この他にも、DEFがずっと続けているこだわりがあります。

合板やビニルクロスは使わず、日本の無垢の木を使って、

大工の手刻みと左官の塗装、日本伝統の技による家づくり。

多くの人が暮らす関東へ、大切な事をもっとお伝えしたい。

大地と森と水、生き物、私たち人にもやさしい環境づくりに繋げたい。

地球にやさしく、未来に豊かな環境をのこしたい。

 

その想いをもって、来年も一生懸命、楽しく活動していきます。

本年も大変お世話になりました。

IMG_0353

 

皆さま、よいお年を!!

そしてまた来年も、よろしくお願い致します!!

IMG_0355

 

 

本日大掃除の関東営業所より

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市