施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

2006年10月の記事一覧

毎週火曜は風呂敷の日

アトリエDEF
八ヶ岳営業所

今日はお買い物バッグのご提案
こもれびの家生活の知恵委員会でちゃんと運営できるのが風呂敷だけになりそうな今日この頃。
本日は買い物袋について考えてみました。
風呂敷だけで袋って難しいですよね。
端と端を結んで、袋状にする方法は簡単ですが、なんだかみぐさい・・・・(かっこ悪い)
いかにも風呂敷!!(実際風呂敷なんですけど)って感じがなんだかいやなんです。
そこで今回はちょっと一工夫してみました。

①風呂敷を半分にたたみます。
②さらに半分にたたみます。
③袋になっている角を中心として、三角形に開きます。
④反対側も同様に開きます。
⑤二等辺三角形の底辺以外の2辺を図のようにおります。
⑥底辺よりはみ出た部分を三つ折にし、底辺付近で一度交差させた後、端をしっかり結びます。
⑦反対側も同様に結びます。
⑧中を開いて袋状にしたら出来上がり!

さて、こちらの商品、風呂敷のサイズによりますが、大きいものも簡単に入ります。
しかも持ち手付きで、運びやすい。
ハーブティーのセット(お盆、ハーブの瓶×4本、ティーポット、茶漉し、ティースプーン、ティーカップ×2個、ミニかぼちゃ)を入れてもこのとおり!
全部持ち運べちゃいます。(さすがに片手で写真を撮ったので腕がぷるぷるしましたけど・・・・)
持ち手の部分が可変式なので、袋と商品に隙間が開いて中身が動いてしまうことはありません。
細長いものにもぴったりフィット!
「もうこれで卵が割れる心配もないね。」
「ビニール袋みたいに手に食い込む心配もないし、帰ったら穴が開いていて、袋が使い物にならないなんて心配もなくなるわ」
「しかも環境に優しく、使わないときは開いてたたんでおけばスペースもとらない。どうだい、ちょっと試してみたくなっただろう?」
・・・・・・・・・・・
(某通信販売より)

自分でやってみて、結構良い出来だったのでテンションが上がってしまいました。
布のもたつきが少ない袋だと思います。
ハギレでも可能ですので、ぜひお試しください(ゆ)

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家
長野県原村