fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

信州だより~マルシェで地球温暖化を考える〜

Series
中森
上田本社

こんにちは。

上田本社の中森です。
一昨日の夜、「お、ようやくまとまった雪!」と思い、久々の雪景色と雪かきとなった、昨日の朝。
これこれ、この風景〜、と思っていたのも束の間。午後には、ほんとに雪降ったんだっけ?というくらい何事もないこれまでの風景に。。。

さかのぼること、3日前。御代田町のハートピア御代田(御代田町の福祉センターさん!)で、「冬のあったかふれあいマルシェ」というイベントに参加してきました。

台風19号の大きな被害、そして日々の暮らしに大きな影響を与え始めた地球温暖化。
これからもっと大きな災害が起きるかもしれない。それに対して、今私達が日常の暮らしの中で何をすることができるのか。無理をせず、楽しく、暮らしのとけ込む取り組みを伝えたい、
その思いで始まったマルシェです。(主催のお一人は、オーナーのmi:さん)

20くらいの出店者さんで埋め尽くされたイベントスペース。アトリエデフは、日本の木でつくる「箸づくりワークショップ」で参加させていただきました◎

10時の開始とともに、人でごったがえす室内。(手前に写っているのは同じくオーナーのmogrinさん♪)

一時期は、通路ですれ違うのも大変なくらいのにぎわいぶり。お客さんとの距離も近くて楽しい時間でした。
私のワークショップもずっと体験してくれるお客さんが途切れることなく、大盛況。
杉の木をカンナで削りながら、少しではあるけれど、日本の山の木に触れてみること、その手触りや匂い、自ら作ったものを長く大切に使う、そんな思いを伝えられたのかな、と思っています。

本当は、隙間時間で、色々なお店に立ち寄ってお話もしたかったところでしたけど、残念ながら(?)時間が取れなかったのが残念!でもこの日、同志としてマルシェを作り上げた方々とは、今後もこのエリアで繋がっていけるかな〜と思っています。
私たちは、日本の木を使うことから、これからも地球温暖化問題の解決に取り組んで行きたいと思います!!

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House