施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

てくてく原画展@前橋市サンデールーム

Series
チカ
山梨営業所

こんにちは、てくてく編集室のチカです。

今年5月から始まったてくてく展も、残すところ2回となりました。
来週からは、群馬県へ行きます!
場所は「サンデールーム」さん。
自然食品と、家具やお洋服のギャラリーを開いているお店です。
今回は2階のギャラリーをお借りして、展示をさせていただきます。

☆お店の情報はこちら→サンデールーム
☆展示の日程などの詳細はこちら→てくてく展@サンデールーム

サンデールームさんの写真が、残念ながら無いので・・・
今までの展示の写真から、表紙の絵のことをすこしご紹介したいと思います。

てくてくを作っている紙は漂白をしていない間伐紙です。
真白な紙ではなく、赤みがかった色の紙なので、印刷すると絵の色も変わってきます。
なので、表紙になったときの絵と、原画を比べると、かなり違います。

原画のほうが、かなり鮮やかに見えます。
アクリル絵の具をたくさん重ねているので、光が反射するとツヤもあるし、
絵の具が重なった跡も見えます。

 

 

 

私がぜひ原画で見てもらいたいのがこの作品です。
印刷して表紙になったものは、かなり落ち着いた色になっていますが
原画はすごく鮮やかで、キラキラした感じがあるんです~。
とても気に入っている一枚です。

 

 

こちらも、原画(?)を見てもらいたい作品です。
実物は、刺繍の作品なのです。
味わい深い丁寧さが感じられる、とってもあったかい作品です。

自分では、自分の絵が、上手いとか、良いとか悪いとか、よく分からないんですが
いつも仕舞いこんでいる原画をもって、いろんな町を巡っていると
感謝の気持ちをふりまきながら、歩いているような気持ちになります。
ほんとうに、感謝の気持ちを伝えたいだけでやっている展示なので・・・(^^;)
10年間続いたことへの、この感謝の気持ちが、ちょっとでも伝わったら嬉しいです。

 

バックナンバーもいっぱいありますので、お好きな号をお持ちくださいね。
皆さんのお越しをお待ちしています^^!

 

=チカ(一応、てくてくの表紙の絵を描いている人です)=

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House