fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

カラマツ愛

Series
アトリエDEF
八ヶ岳営業所

最近、八ヶ岳も暑さが戻ってきました

お盆の間は冷え込んだので、毛布を出してきていたのですが

ここ数日はいつの間にか蹴とばしてます。。

先日の休日、久々に建築に触れたいなと思い少しドライブをして

八ヶ岳高原音楽堂(設計:吉村順三)へコンサートを聴きに行きました

この建物は三角形のグリッドで設計されていて、

音楽ホール部分は平面は少し伸びた六角形、上部の菱形のトップライトがとても印象的です

架構の見せ方や板の貼り方、とても勉強になります

築30年以上経っているとは思えない、、

音楽ホールの床は堅木(チーク)ですが、それ以外の木の部分はほぼカラマツです

そしてなんと、ステージの上に見える楽器もカラマツで出来てるんです

カラマツ愛。

ピアノによく似ていますが、チェンバロというピアノの原型となる楽器です

初めてチェンバロの音を聞いたのですが、ピアノと全然違ってとっても驚きました

ピアノは弦を叩いて音を鳴らすのに対し、チェンバロは弦を弾いて音を鳴らすのだそうです

ピアノと異なり、ペダルも無いし、音の強弱も殆どつきません

それでも色々弾き方の工夫して、様々な曲を弾いてくださいました

ピアノも大好きなのですが、チェンバロの音も素朴で八ヶ岳の自然と調和し

個人的に凄く気に入りました

またチェンバロ聞きたいなあ、機会があるなら寧ろ弾いてみたい

DEFで建てているような、森の中のお家なら楽器も思いっきり演奏出来そうですよね

羨ましい

遠藤

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村