fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

怖い話

Series
めぐむ
八ヶ岳営業所

こんにんちは。

増田課長さんが怒涛のブログを書いていました。

そろそろ本当にブログ書かなければならなくなりました。

アトリエデフの石井です。

 

普段はデフの家しか見ていないので自然素材に慣れっこというか、自然素材が当たり前になっています石井です。

 

 

 

(改修現場にて…)

解体したらたくさん木材がでできたな~ストーブのいい焚き付けになるぞ~

 

リフォーム工事などで他のメーカーの家を見ると驚きと発見がたくさんあります。(今回は悪い意味で)

例えば…

 

 

おッ…!

 

 

広葉樹のフローリングじゃん!

汚れているけど削ったらきれいになるし、廃棄物回収業者さんに持っていかれるくらいなら持って帰ろ!

 

 

 

ン?層構造?知っているフローリング板と違う……。

 

 

 

普段使っているフローリング(年輪があるし触った時の感触が温かい)↓

 

これ見ると前者がとても木とは思えない…。

 

 

………。

 

 

アッ!ナラ材の巾木じゃん!

これで小物でも作ったらかっこいいのできそうじゃん!

捨てるなら回収しちゃうよ持ったいない!

 

(ぺりぺり…?)

 

…ン?

 

 

なにこれ木?

 

 

・木材チップを蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加え状に熱圧成型したものである。(wikiより)

 

らしい…つまりは木を煮詰めて、粉々にして、そのくずを着剤剤とプラスチックで固めたヤツです。

それにもっともらしいプリントシールを貼り付けたったヤツですよ。

 

 

 

これ全部使えないじゃん…薪ストーブで燃やせないじゃん…。

捨てるにも分別が大変だし、お金をかけないとリサイクルもできないじゃん。

 

 

回収されて焼却炉行きです…。ごめんなさい地球。

 

 

 

デフにいて忘れかけていたけど、今の世の中こんな商品があふれているんだよな。

なんだかとてもショックでした。

見た目は自然でも、化けの皮剥いだら…分かります。

 

 

極寒の-18℃

山頂まで来たのに全然いい顔してない。

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村