fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

木を見て森を見ず。

Series
丸山
関東営業所

もっと言うと、
葉を見て、木を見ず。

でも逆もあって、
森を見て、木を見ず。
木を見て、葉を見ず。

どっちだよ!っていう感じですが、この言葉には続きがあります。

「一枚の葉にとらわれては木は見えん 一本の樹にとらわれては森は見えん。
どこにも心を留めず見るともなく全体を見る。それがどうやら「見る」ということだ(沢庵)」

これは漫画「バカボンド」の4巻で沢庵宗彭氏が言う言葉。

これの元々の言葉は

「葉一つに心をとられ候(そうら)わば、残りの葉は見えず。一つに心を止めねば、百千の葉みな見え申し候(そうろう)。是(これ)を得心したる人は、即ち千手千眼の観音にて候」

「どこにも心を留めず、、見る事なく全体を見る。」

とても難しい事ですが、大切な事なんだと意識してることではあります。

自分は建築の仕事をして、設計の仕事をしている。

この言葉がとても大事だなっと感じている。

家の設計をしていて、何かに心が囚われれば他が見えなくなる事が多々ある。

例えば、その家から見える景色。
本当に大切な事だけど、それに囚われるあまり、日当たりとか寒さの事を考えられなくなる。でも、逆に、それが(景色が)とても大切な場合もある。

間取りの形状であったり、家の外観であったりに囚われすぎて、使いにくくなってしまうとかもあるけど、これもまた逆も然り。

使いにくさも踏まえて、でもそれでも押し通したい外観や間取り。その強さが良い場合もある。

なのでプランニングしている時は、葉に囚われず、木に囚われず、森を見ながら、どこかに心をとめずに、見ることなく全体を見る。

という事を意識するようにしています。

ここで言う所の葉は、詳細のディティールなのかなとは思う。

で、木は間取り。森はなんでしょうね。街並みとかなのかな。

でも、諸先輩方(二周りくらい年上の建築士の方)とかとプランや納まり、建築の話をしていると、「見ることなく全体を見る」という事の解像度が自分とはまだまだ全然レベルの高いところを行かれてるなぁと感じる事が多い。

もちろん全体を見るのだけど、葉を見ることなく見るというレベルが高い。

葉脈レベルまでを見ながらも、心を囚われずに、見ることなく全体を見ている。

自分もいつかはあのレベルにまで到達したいなっと思う。

葉脈も見ながらも全体を見る。

細から粗の部分へ。また、その逆も。

経験を積みながら、自分の中に積み重なっていくものを増やしていく。

けど、それが傲慢にならないように。

新しいモノは取り入れながら、良きものと掛け合わせる。

そんな建築が考えられるようになれたら、良いなぁ。

ご拝読ありがとうございました。

まる。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市