fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

暮らしと共にある木のキッチン その2

Series
さわみ
関東営業所

こんにちは。
前回、話がまとり切らず、途中になってしまった
オリジナル木製キッチンの魅力

前回も、お伝えしましたが、
アトリエデフでは、キッチンの台を二つに分けて
つくることがよくありますが、ご家族の暮らしに沿って
様々な形で提案しています。
L字だったり、

U字だったり。タイルなんかも可愛いですね。
長い時間を過ごすキッチンだからこそ、眺める風景もとても大切。
窓があると、外の景色をたのしみながら
お料理や洗い物がすすむ気がします。

家族との団欒の先にお庭が見える風景もなかなか心地よさそうです。

上田の「循環の家」のように、低い壁で仕切る方法もありますが、
スリガラスなどで仕切ることも出来ます。
換気扇もステンレス製だったり、

木製だったり、コンセントの位置なんかも暮らし方で変わってきます。

棚ひとつつけるのも、アイアンなどで個性を出してみたり、

みせる収納にしてみたり、

小窓の上に飾るのもいいですね。

換気扇を上手に活用してみたり、

床を瓦にしてみたり、

キッチンの周りに置く家具や、照明などもこだわりたいところです。

土間にあるキッチンなんてのも素敵です。

キッチンで気をつけたいのが、お焦げ。
お鍋やポットなどの熱いものを長時間、木の上に置いてしまうと…
焦げてしまうことがあります。
こちらは、鍋敷きですが毎日熱いものをのせていると
こんな感じに焦げています。焦げも味なのですが、

鍋敷きを敷いてあげると、ちょっとお洒落。
好きな鍋敷きで楽しむのもいいですね。

家族の数だけあるキッチン。
一部しかご紹介出来ていませんが、
キッチンにはこだわりが溢れていて、どのキッチンも魅力的。
どんな暮らしをしていきたいか、から考えてみても
楽しいキッチンが生まれてきそうです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House