fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

夏なのに薪ストーブ

戎谷
八ヶ岳営業所

真夏に薪ストーブ?

冬なら 薪ストーブと聞いただけでほっとすする感じ。でも今回は夏なのに薪ストーブに火をつける話

夏でもストーブは活躍できます。梅雨時期には良い感じ。

高原にあるデフの八ヶ岳営業所では 、梅雨時期や・お盆明けの雨が続くときには 少し肌寒い時もあるので 少しだけストーブを焚くこともありますが、冬の寒さ・シーズオフのオブジェとして以外の活躍でも活躍できます。冬だけの活躍はもったいない。

それは 除湿。じめじめした湿気の多い季節。除湿器を利用することも多いと思います。でも 少しだけ薪ストーブを焚いてあげると除湿になります。冬には 過乾燥になるくらい湿気をとってくれる薪ストーブ。八ヶ岳の実験棟では ストーブの威力も強すぎて乾燥しすぎるので 叩き土間に水をかなりの量まいたり、雪をストーブの前に置いたり、加湿対策に奮闘しています。

夏にストーブを焚くのに注意点は一つ。薪を入れすぎない。冬と同じ感覚で焚くと お家の中が想像通りサウナになってしまいます。焚き付けを利用して少しだけ火をつけて除湿してあげるのがコツ。

火を見るのが楽しくなって焚きすぎるのに注意して 一度試してみてください

えび

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House