fbpx

施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~土壁の現場

Series
おぐっぴー
山梨営業所

こんにちは、おぐっぴーです。

デフでは、ご存知の方も多いかもしれませんが、
内壁に「土」を使っています!

昔ながらの家では、当たり前に壁の材料として使われていた「土」。
今では、左官屋さんがいなくても、簡単に壁が作れちゃいますが、
「土」とそうじゃないものとは、全然空気感が変わります。

壁って家全体を覆うもの。
壁が違うと、暖かさや家の空気、匂いなんかも違ってくるわけです。

そんな「土」の壁を、絶賛塗り中のY様邸へおじゃましてきました!

2階建ての大きなお家ですが、天井までびっちりきっちり土。
まさに、土の壁です。

ちなみに、裏はこんな感じになっています。
土がしっかりと木舞に食い込んでいるので、ひょんなことでは崩れません。


この上にもう一層、藁を細かくくだいたものと砂とを混ぜた「中塗り土」を塗りますが、
この段階のひび割れた土壁の雰囲気も、とても好きです。

世界中には、土だけでできた家もありますね。
風や冷たい空気、暑い日差しから守ってくれる土の家。

そんな家は洞窟と似ています。
一定の温度、湿度を保つ洞窟は、ワインセラーにされたりも。

毎日過ごす家を自然の力で快適にして、
消費エネルギーを最小限に抑えられたら、最高ですよね。
自然素材って、見た目もすてきですが、機能面でも優れているんですね~

以上、土壁の現場から、おぐっぴーでした!
このお家の完成をお楽しみに~

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村