施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

信州だより~アトリエデフの家、の改修工事~

Series
中森
上田本社

こんばんは。

上田本社の中森です。皆様、今日は汗ばむ陽気でしたね。朝は0度だったというのに・・・・
寒いのもちょっとつらいですけど、こういう季節外れも体に堪えますよね。

先週は、九州は博多に出張でした。全国の国産材を使用する工務店の団体「地球の会」のサミット(セミナー盛りだくさんの2日間)に参加していました。
木の家をつくる技術やデザイン、自然素材の木材がどう「健康によいのか」という研究成果の発表など、他社様の取り組みも含めて、実りの多い時間となりました。
(しかし、博多もぽかぽか陽気だったので、長野の朝晩の冷えは堪えるのですよ・・・)

さてさて、今日のお題。「アトリエデフの家の改修」です。

上田本社近くのO様宅(築5年ほど)。

弊社では、キッチンや水周りの改修から、1階全面、あるいはフルリノベーション、はたまた店舗改修と、さまざまなリノベーションに携わらせていただいています。

その中には、デフにて住宅を建築していただいたオーナー宅の工事もあります。

家族の成長や、家族構成の変化などに合わせて、可変させていくことができるのも、伝統的な木造軸組みで家を作っており、また可変的な利用も念頭において、共有部分や、個室などを多く作らない設計思想によるものです。

こちらも家も、そんな家族の変化に合わせる増築&改修ということでご依頼いただきました。

コンクリートアプローチに、雨をしっかりさえぎることができる、下屋。

また従来ウッドデッキだった部分に、部屋を増築します。

担当している大工は、上田でおなじみの金井棟梁です。がタイミング悪く、昼食休憩のようでお会いできず残念!

家を建てるときに、先々の家族構成や、家族の健康状態、等々、全部を見通すのは限りなく難しいこと。
そのときどきに合わせて、必要な部分は手を入れながら、長く長く住み継いで、使い続ける。そんな思い(まさにサーキュラーエコノミー)で家づくりをしていきたいと思います。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House