施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~早くも薪ストーブの季節到来?

Series
yosssy
八ヶ岳営業所


今朝の中吉の家、外気温9℃。室内17℃。
昨日からお日様が出てなくて、今朝は冷え込みました。
朝、八ヶ岳営業所に出勤して、まっさきに着火…。
今シーズン、初薪ストーブやっちゃいました。ひさしぶりの着火、ちょっと手間取ってマッチを無駄にする。ああ、そうだ、空気の流れを考えて…ここらへんにスペース取って、マッチはここに置いて、なんちゃらこうちゃら…
パチパチとはぜる音、炎のゆらめき。忘れてた感覚を思い出す。そうだ、これだー。

「火のきもちになる」

かまどでご飯をたくときも、薪ボイラーを着火するときも、薪ストーブをつけるときも、この呪文を唱えることにしています。

火のきもちを考えると、風が起きる。 これでだいたいOKです。

そうして炊いたお米は、艶々☆

かまどで炊いたごはんでおむすびしました。この日は、循環畑の蕎麦を収穫する日だったので、これをもって、畑に行く。いっぱいつくって、畑に集まってくれたみんなに食べてもらいました。
おむすびといえば、こんなイベントがあるよ!

そうそう、それから、朝露の中に朝日が届く頃。
薪ボイラーを焚いて、空に煙を出すと、こんな景色が見られます。

薪ボイラーの煙が、普段は目に見えない朝日の道筋を映し出してくれます。
きれいだな~。

夏が終わり、秋が来て、八ヶ岳の紅葉が進んでいます。
お天気が不安定な最近だけど、たまにきれいに八ヶ岳が見えると、紅葉が一気に進んでいたりします。そして、夕方、5時半頃、エコーラインの夕焼けが涙が出るほどきれいです!


各地で大変な被害があり、ひとごとではない状態で、私達も少しずつだけど、体を使ってお手伝いさせてもらって、全身の疲労と共に、大変な時代に生きているんだな、と思います。全部が全部、人為的な原因ではないにしろ、気候変動で台風が巨大化しているのは事実だし、日本の山が荒れて地盤が緩んでいたり、人と山との関係が薄くなり、山に入ったり気に掛ける人が減って、それが原因で起きている問題があることも事実です。


先日、スタッフ全員で行った、宮城県くりこま にある みらいの森です。
巨大化した木のような草を刈り、枝を落として、お日様の差し込む明るい森を目指しています。

たいへんな作業、それでもみんなでやったら見違えるほどきれいになりました。
自分のやれることは本当にちいさい。それを認めることから始めたいと思います。

yosssy

雨の中、とりとめのないブログでした。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村