施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

サーキュラーエコノミー・ジャパン 設立記念カンファレンス

Series

こんにちは。

台風一過で秋らしく晴れた9月12日、東京は御茶ノ水にある

御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンターにて開催された

サーキュラーエコノミー・ジャパン 設立記念カンファレンスに参加してきました。

そもそも、「サーキュラーエコノミー」とはなんでしょうか?

直訳すると「循環型経済」となります。

では、「循環型経済」とはなんでしょうか?

「循環型経済」を説明する前に「循環型社会」を紐解きましょう。

「循環型社会」とは、限りある地球の資源を効率よく利用し、

再生産を行なって持続可能な形で循環させながら使っていこう、という社会のことです。

「循環型経済」とは資源だけではなく、

持続可能な経済成長・発展を実現する経済のシステム。

これが「サーキュラーエコノミー」です。

サーキュラーエコノミー・ジャパンとは「循環型経済」を日本に根付かせ、

持続可能な社会を実現することを目的とした集まりです。

非常に前置きが長くなりましたが、そのサーキュラーエコノミー・ジャパンの

第1回カンファレンスが行われ、サーキュラーエコノミー・ジャパンの理事でもある

アトリエデフ 大井社長も「建築におけるサーキュラーエコノミーの実現に向けて」と題して講演を行いました。

企業の方にとどまらず、個人の参加者も多くいらっしゃって

会場は満員御礼で、申し込み締め切りを速めるほどでした。

このように、サーキュラーエコノミーは今非常に注目を集めていますが、

残念ながら日本は、世界のサーキュラーエコノミーから周回遅れと言っていいほど遅れをとっています。

もともと、使い回す。使い尽くす。といった文化を持っていた日本。

この文化を経済にも活かして、子どもたちの未来へ続くめぐりめぐる社会をつくっていこうと、思いを新たにした1日でした。

何かを買うとき、使うとき、食べるとき、

この商品は、どこから来てどこへ行くのか、どこの誰がどう作ったのか

立ちどまって考えてみようと思います。

 

oda

 

 

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House