施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

家って?

Series
齋藤
山梨営業所

ご無沙汰しております。うめです。
山梨営業所に戻ってきて、気づけば4ヶ月。

こちらでもどうぞよろしくお願い致します。

数日前、普段使っているバックパックが修理から戻ってきました。
ひと月ぶりの再会で、なんだかうれしいです。

壊れていたファスナーがきれいに直りました。

 

冬に着ていた上着も穴が開いてしまったので、

メンテナンス中です。。。

20歳を過ぎた愛車のラシーン号は
数日間、爆音を鳴らして走っていましたが、
マフラーを修理して復活です!

いつの頃からか
気に入ったものをずっと使い続けることが増えました。
自分の好みが、ぶれなくなってきたから。
物があふれて、捨てなければならなくなるのが嫌だから。
良い物を長く大切に。

 

それでも何かしら問題が起こることはあります。
だからこそ、修理やメンテナンスが可能なものを選ぶのも大事だな~と思います。
先日見学させてもらった、相田合同工場さんの鍬ギャラリー。

修理待ちの鍬たちが各地から集まっていました。

それぞれの場所で、それぞれの用途に合った形。

壊れてしまった時に、直して再び使える技術や想い。

デフで仕事を始めるまでは
新しい住宅に対して何とも言えない嫌悪感のようなものを持っていました。
人工的な素材や、奇抜なデザイン、個性的な色。。。
家って何なのだろう?

古い街並みを歩いたり、
手入れの行き届いた古い家を見たりして、
大切にされてきた古いものは良いな~、
今の時代もこうであったら良いのにな~、
と、よく思っていました。

古いものに対して憧れがあったのは、
使っている素材の違いだけではなくて、
お手入れをしながら大切に使ってきた跡が見えたから。
それに、その土地に合った形や素材だったから、長持ちもする。

漠然と感じていた憧れの理由が、少しずつ分かってきた気がします。

ずっとずっと大切にしていける家が増えますように。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村