施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~アースデイ桐生に参加しました◎

Series
あきた
関東営業所

こんにちは、4月より上田本社から関東営業所に移りました
暮らしアドバイザーのあきたです!

先日、上田のブログでも投稿した、
長野県佐久市での「アースデイ佐久」と同日、
関東営業所では「アースデイ桐生」に参加してきました。

会場は群馬大学 桐生キャンパス
「かんなで削るお箸づくりワークショップ」として出店しました。


かんなで削って。


やすりで滑らかにする。
みんな夢中になって取り組んでくれました!

ワークショップの他にも
家具工房木ずなのげんきさんが作った循環皿の販売や、
デフでつくっているフリーペーパー「てくてく」の配布もしておりました。

さりげなく人気があったのは、目を引く継手模型!
「今どきこんな組み立て方してる大工なんていないよ~」
と話しかけてくれる方もおられたのですが、
デフではこんな組み方(木と木を立体パズルのように組む)を
今でも、やってます!!

さてさて、アースデイ桐生では出店の他にSDGs
に関連したスタンプラリーも行っておりました。

SDGsとは、、、
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で
社会と環境をよりよくするために国連加盟国193カ国が
2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

詳しい解説はコチラ↓
https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

SDGsには大きな目標が17項目あります。
その17項目に関連する取組みをしている出展者を選出し、
それぞれの店舗にスタンプを設置。
4つスタンプを集めるとSDGsバッジがもらえるよ!といった内容です。

当日、嬉しいことに
「日本の山を守り育てる」と掲げているデフブースが
15番の「陸の豊かさも守ろう」ブースとして選ばれました!!


アースデイはおしゃれなマルシェとはまた違い、
未来の地球の為に自分たちが今できることを意識させてくれる
工夫があちらこちらでされています。

↑こんな展示もありました。

お祭りのように楽しめて、
現在の課題についても考えさせられる
イベントってまだまだ珍しいですね。

こういった考えが当たり前になるような日常を目指して
これからデフでできることを取り組んでいきます!

そして、このワークショップに参加してくれた子どもたちが、
日本の木を、自分の手で削ったお箸で
食べるごはんは美味しいと感じてくれると嬉しいな!

それでは関東の皆さま、(もちろん長野県の皆さまも)
これからどうぞよろしくお願い致しますm(..)m

あきた

~おまけ~

群馬出身のデフスタッフのお父様が
太鼓メンバーとして出演していました!

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市