施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより〜 太田市の現場 もうすぐ土壁ぬり!〜

Series
mi
関東営業所

群馬県太田市で建築中の、K様邸に行ってきました!
だいぶ、お家の雰囲気が出てきましたー

外壁は、下塗りが完了している状態。
この上に、(W-122)薄いベージュ色のそとん壁を重ねます。
下塗りも上塗りも原料がシラス大地の火山灰。
落ち着いた質感が、経年しても美しい!

お庭には、コンテナが届いていました!
この中には、土壁用の「土」が入っています。
この土、粘土質の山土に無農薬の藁やスサを入れて練ったり寝かしたりして、
自社生産した土です。
お庭屋さんの赤尾さんにご協力いただき昨年仕込んだ土。
いよいよ、お家の壁になります!

お家の中は、大工さんが木工事を進めていて、
足場屋さんが室内に足場をかけていました。
木ずりが張られて、土壁を塗る準備万端です!

壁にバーっと張ってある、細い杉の木が「木ずり」です。
「土壁」と聞くと「竹小舞!」と想像するかと思いますが、
竹小舞と同じ役割をするものが木ずりです。

木ずりは、細くて薄い板を一定の間隔で大工さんが壁に打ち付けていきます。
昔からこの方法の施工はあったようですが、
かなりの手間と時間が必要なので、
合板の登場によって無くなってきてしまいました。

デフでも何年か前まで、木ずりを一枚一枚大工さんが頑張って、
現場で打ち付けていましたが、さすがに大変で。。。
木ずりパネルにしたら良いかも!と、
製材屋さんに頼んで木ずりパネルを製作してもらっています。

ですが、機械で一度に大量生産というわけにもいかないので、
パネル一枚一枚手づくりです。始めはこの製作にもかなり苦労したようです!

木ずりを貼る前は、断熱材の姿が見えます。
ウッドファイバー!
木質繊維断熱材です。

こちらは、玄関から繋がる土間。
漆喰壁と地窓からの明かり、
素敵な土間になる予感。楽しみ!

来週あたりから、
土壁の荒壁をぬって、乾かして。
中塗りを塗って、乾かして。
外壁を塗って、乾かして。
漆喰を塗って、乾かして。

左官職人さんと、風と太陽のチカラを借りて壁を仕上げていきます!

*****************************

今週末の関東営業所「お味噌づくり会」をスタートに、
八ヶ岳、上田、山梨の営業所で毎年恒例お味噌づくりがはじまります!
ご予約いただきました皆様、今年もよろしくお願い致します!!

まだまだご予約をお受けできる営業所もありますので、
ぜひ一緒にお味噌仕込みやりましょー◎
イベント情報

昨年のお味噌、やっと解禁してみました。
手前ですが、おいしい!!!

右が昨年の。
左が一昨年の。
合わせ味噌にすると、なんかいい感じです◎

mi

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市