施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

古民家を訪ねて

Series
丸山
関東営業所

こんにちわ。
群馬名物の空っ風にさらされている、丸山です。

建築関係の仕事をしているせいなのか、
旅先とかで、重要文化財の古民家があると、フラフラと入っていってしまいます。


写真の建物は、宮城県の仙台市にある旧熊谷家住宅というもので、
建築時期は1,800年台とのことで、200年ほど前の建物になるそうです。(移築はしてる。)


走りまわっているのは、我が家の家族たちですが、
ここに行ったのは、真夏でしたが、土壁で茅葺の家の中は、
ひんやり涼しく心地よかったです。(たぶん冬は寒いですが。)

昔の家というのは、夏基準で考えられていて、
冬は寒ければ、狭い部屋で暖をとり、たくさん着るという考え方でした。
そちらの方が、通気も良くなるし、建物が長持ちするからでしょうね。


大きな丸太や曲がった木を上手に使い、建物を組み上げてます。


この写真は、この部分の家の中には、台所の流しがついていました。
そこで使った排水が、このような形でそとに流れる仕組みになっていました!斬新!

ふだん、当たり前と思っていることが、あたり前ではないことに気付けるので、
昔の家を見るのは、とてもおもしろいです!

まる

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市