施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~火のある暮らしの安心感

Series
チカ
山梨営業所

こんにちは。山梨営業所のチカです。

8月はあんまり暑くて、お昼ご飯は冷や麦ばっかりだったのですが

このごろ涼しくなってきて、火でご飯を炊く日が増えました。

 

普段は私がおかず担当、中森さんがご飯を炊く担当なのですが、

この日は1人でお留守番だったので、久しぶりのウッドガスストーブでした。

1人分のごはんなら、敷地の片隅にある桜の下から拾ってきた枝で充分足ります。

 

夏場は薪ストーブも使わないし、火をおこすのは久しぶり。

火があると、生活にメリハリができるなあと、改めて思いました。

普段の生活の中で、ろうそくをつけたりするだけでも、ちょっと気持ちが切り替わる。

火って特別ですね。

 

少し日差しが強かったけど良い日和。

ピクチャーウィンドウから見える空も、とっても綺麗でした。

 

無事に炊きあがり。

特別おいしいと言うほどまでには、上手く炊けなかったんですが(^^;

でも、ガスや炊飯器じゃなく、そこにある枝でご飯が炊けるということを

久しぶりに感じて、なんだか安心。そして満足。

 

なんでそう感じるのか?理由を考えてみました。

・余計なエネルギーを使わずに済む→二酸化炭素の削減にもなる

・倒れた木や落ちている枝、間伐材を薪にすれば、日本の山の手入れに役立つ

・停電のときでも、水さえあればご飯が炊ける自信がつく

・ひとつのことに集中すると、頭の中が整理されてすっきり

などなど。

こうして並べて見てみると、改めて火のある暮らし、いいですね。

火が身近になる冬の暮らしが、今から楽しみになったのでした。

 

=チカ=

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村