施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

群馬だより~暑い夏の日

Series
丸山
関東営業所

こんにちは。
最近は暑くて、へばっている関東営業所のまるです。
連日群馬は、38℃を超える猛暑日続き。つらいです。

ただ、昨日・今日と少し降った小雨のおかげなのか、気温もMAXで31℃ぐらいと
だいぶすごしやすい温度になって、ほっと一息といった感じです。

前に大沢さんのブログでも書いてありましたが、
外気温が37℃ぐらいでも、前橋のモデルハウスの中は30℃程度。
たしかに、暑いけど、まぁ大人しくしていれば、過ごせるぐらい。(大沢さん写真借ります・・・)
ここで注目してもらいたいのが、温度もですが、湿度!!
70%を超えています!
暑くても、カラっとしていると、不思議と不快に感じないもの。
その理由は、人間の発汗機能と関係しています!
ざっくり言うと、湿度が高いと汗をかいても、汗が蒸発する際の気化熱の恩恵を受けにくくなってしまい
より暑く感じてしまいます。
なので、温度と湿度の関係より示される、不快指数というものがあります。
極端なことを言えば、温度が38℃くらいになっていても、湿度が0%であれば、
気温が25℃で湿度が95%の時と不快指数は同じくらいなので、
暑くても湿度を少しでもコントロールできれば、過ごしやすくなるはず!!

そこで暑い夏の日の工夫①
・朝夕の打ち水。
お庭の芝や土の部分に打ち水をして、その水の蒸発に伴う気化熱を利用して、温度上昇をおさえる。
※ただし、朝夕限定。
土壁のお家は蓄冷効果もあるので、夜~朝の涼しい空気を土壁に蓄えさせるときに
打ち水との併せ技も良いと思います。

暑い夏の日の工夫②
・凍ったペットボトルや、保冷剤に扇風機を当てる。(下に受けの器を置いて。)
こちらは湿度を下げる方法。
結露を利用して、室内の湿度を下げる方法です。
空気中の水蒸気は冷たい物質に触れると、結露して水になります。
わかりやすい例が、暑い日に飲む冷たい飲み物のコップにつく水滴。↓


湿度が低い時にはなりにくいが、湿度が高いと水滴がつく。
そして、水滴を貯めて捨てる。
そうすることで空気中の水蒸気が減り、湿度が下がるという方法。
締め切った暑い日の前橋モデルハウスで実行して、
午前中の3時間で、湿度が70%から67%に減りました!(写真忘れました・・・)
劇的に減るわけではないけど、こころなしかさわやか。

もちろん、除湿器やエアコンのドライ等を使えば、さっぱり快適!
ですが、少しの工夫で快適になるのもおもしろい!
夏休みの自由研究とかでも、おもしろそう!

まる。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

暮らしやすさを追求した
ご家族のための家

循環の家 前橋
群馬県前橋市