施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

山梨だより~北杜市長坂町 平屋風2階建て上棟しました!~

Series
中森
山梨営業所

こんにちは。

山梨営業所の中森です。

梅雨明け宣言から続いた雨模様、北杜市のほうはようやく晴れ間が見れるようになりました。
とは言え、全国的には、中四国・九州・近畿・岐阜、と広範囲な大災害となっているようです。個人的にも、広島の友人に連絡を取ったところ、道路が崩れ落ちた写真が送られてきたりと・・・
手足を動かして何かできることは今すぐありませんが、これ以上の被害が出ないように祈るばかりです。

 

さて、先日、北杜市長坂町の日野春にて、1棟、小さな平屋風2階建が上棟しました◎
そして、一昨日、無事の棟上げと、今後の工事の安全祈願、棟梁・大工への労いの上棟式を執り行いました!天候を心配していましたが、当日雨が上がり、少し蒸しっとするものの、気温も低く、風が心地よい上棟式となりました。

祭壇への拝礼を取り仕切り、祝詞を奏上いただいたのは、富士見町在住の小林棟梁。
アトリエデフの家づくりで棟梁を務めていただくのは、今回が初めて。

久しぶりの墨付けと刻みとのことで、緊張もしたけれど、楽しく取り組んでいただけたそうです。そして、その継手も、梁を繋ぐ追っかけ大栓なども隙間なく、とってもきれいな仕上がりでした(なのに、その写真を撮ってないんですね、これが【猛省】)

棟梁、お施主様、現場監督で四方払いをして、

みんなで、お神酒で乾杯して、上棟式は滞りなく終了です。

そのあとは、現場で、間柱などの材料で、即席テーブルを作って、お昼ご飯。
T様、豪勢なお弁当ありがとうございました~

この上棟式のあとの、直会(ねぎらいご飯)の時間が好きなんですよね。
上棟したばかりの木の家の匂いや美しさを感じながら、関係者でわいわいとご飯を共にする。

「家をつくってる!」って実感が湧く瞬間なんです。

 

基礎工事のときに感じていた家の大きさより、棟上げが終わった今のほうが、ずっと広く感じるというT様。
でも、まだはっきりとは実感もできない。。。(例えば、ダイニングキッチンを置いたらどんな感じになるかな?etc)

これからサッシが入り、壁ができて、床が貼られる、そうして工事が進むにつれてぐっと実感が出てくるはず。

次回の打合せは、建具・家具・衛生器具など。これから約2か月半。初秋の完成まで家づくりを存分に楽しんでいただきたいものです。

今後もどうぞ宜しくお願いします~~~

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村