施工エリア 長野県・群馬県・埼玉県・山梨県・他関東一部

アトリエDEF通信

Blog

八ヶ岳の風~場を清める。

Series
yosssy
八ヶ岳営業所

ハヤシさんのブログにもありました、木部のお手入れ。
上田のみならず、八ヶ岳でも最近流行っています(笑)

今朝のでめちゃんは、木製サッシの窓枠を拭いていました。
(お、窓の奥では新入社員研修中の秋田さんが、土間を掃いてる)

循環の家八ヶ岳は、竣工して7年が経った所。
無塗装の無垢の木(ヒバ)の木製サッシは淡い銀色に変わり、
それはそれで風合いが増しているのだけど、
こうして濡らした雑巾で拭くだけで、木の色が戻ってきます。
どっぷり着いた砂やほこりが取れて、気持ちいい。清め、という感じ。

循環の家八ヶ岳の玄関ドアも、木製サッシ↓。

ハンドル周りに手垢がついて黒ずんでいたので、
全体をげんきくんにサンダー(電動紙やすり)で削ってもらいました。
上の写真は、削ったあとのもの。(肝心の前の写真撮り忘れ!悲)


・・・・で、そのままだと、また雨やほこりで汚れやすくなるので、
今朝、みつろうワックスを塗りました。これで完成!(↓下の写真)


少々のツヤと共に、ヒバの薄きつね色が戻って来たよ~◎
周りの経年した木部の色との差があり、なんか浮いてる…笑 まわりも削ろうかな…

無垢の木。無塗装の木。こうして自分でもお手入れが出来ることがうれしいですね。


場を清めることは、そこに存在するものに敬意を払うことで、
長く大切に使う気持ちを育むもので、
住む人や訪れる人をあたたかく迎えるもの。

そんなことを思い出した、今朝のお掃除でした◎

今回みたいなお掃除は、毎日ではない「季節のお掃除」。
乾燥や花粉で埃っぽくなる春は、木部の拭き掃除!
皆さんもぜひ試してみてください~^^

————————————————————————————–

6月3日の八ヶ岳は、循環畑「豆とやさい部」の種まきの日!
昨年採れた大豆の中から、次世代へ命を繋ぐ種豆を選別しています~


↑左のビンが種となる豆、右のお皿がその他大勢(食べる用)。
粒の大きさ、ぱーん!と張って丸々とした感じ、で分けました。違いわかります??笑

yosssy

==========================================
八ヶ岳移住ブログ「八ヶ岳に住む。」も更新中です!
http://8-sumu.a-def.com

八ヶ岳の麓へ移り住んでみたいと思う方々へ。実際に住んでみないとわからない日々の暮らし、地域の情報を、週1回ゆっくりお届けします!みてね!
==========================================

この記事を読んだ方におすすめの記事

Model House

自然エネルギーの循環までを
実現する家

循環の家 八ヶ岳
長野県原村